まずはココから

連載・コラム

注目バックナンバー

連載・コラム

次世代の登竜門イベント『スペースシャワー列伝』の熱気

次世代の登竜門イベント『スペースシャワー列伝』の熱気

日本最大の音楽チャンネル「スペースシャワーTV」イチオシの新人アーティストが一堂に会する音楽イベント『スペースシャワー列伝』。これまで、9mm Parabellum Bullet、NICO Touches the Walls、the telephones、andymoriといったアーティストが出演し、その後彼らがこの国の音楽シーンを牽引する存在となっているのは、音楽ファンならずともご承知の通り。つまり、この『スペシャ列伝』に出演するということは、それだけで「次世代を作っていく」と期待され、その実力があるバンドであるということを示す。音楽業界も、耳の肥えたオーディエンスも、この『スペシャ列伝』に注目しているのは、そういう理由からなのだ。

さて、その『スペシャ列伝』のツアーが2月23日の札幌公演を皮切りに行われている。その名も『スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2012』。出演アーティストは、アルカラ、クリープハイプ、Over The Dogs、The SALOVERS。札幌、仙台、新潟、名古屋、大阪、福岡、広島、東京…と、全公演でチケットがソールドアウトになった超人気イベントの第2夜、仙台公演に潜入した。

震災を乗り越え再スタートを切った仙台MA.CA.NAで開催された『スペシャ列伝』


会場は、「仙台MA.CA.NA」。ご存知の方もいるとは思うが、MA.CA.NAは震災以降、入居ビルの建て壊しもあって、一時休業。2011年10月に、場所を移転して再スタートを切った。その新生MA.CA.NAで行われる『スペシャ列伝』ということで、東北の音楽関係者はもちろん、ファンも感無量といったところ。かく言う私も、この場所で、また音楽を楽しめることに胸をいっぱいにしているひとりなのだ。

夕方5時半の開場を前に、MA.CA.NAの前には長蛇の列。その中のひと組、福島から来たという姉妹に声をかけてみた。お目当ては、アルカラとOver The Dogsだという。「Over The Dogsの歌詞の世界観が好き」という姉と、「前から好きだったアルカラを初めて生で見られるので、ドキドキ!」と興奮気味の妹。午前中にたっぷり降った雪の影響で、まるで冷凍庫の中にいるような気温の中、それをもろともせず、2人の目は熱気を帯びていた。

そのころ、ステージでは最終のリハーサルが終了したと聞いて、出演者が勢ぞろいしている楽屋を訪ねてみた。すると、底抜けに明るい関西弁が聞えてくる。アルカラの稲村太佑(Vo,Gt)だ。「クリープハイプって、もっと年下なんやと思っとったわ〜」、そんな風に、クリープハイプの尾崎世界観(Vo,Gt)に話しかける。稲村の周りには、いつの間にか人が集まり、雑談の和が出来上がっていった。

この『スペシャ列伝』が面白いのは、2002年に結成して、海外でのライブ経験を持つアルカラのようなベテランと、2008年に結成して、昨年の『FUJI ROCK FESTIVAL』「ROOKIE A GOGO」で注目を集めた若干20歳のThe SALOVERSのようなルーキーが肩を並べるところ。音楽性も、キャラも実にバラバラなのだが、それぞれが確固たる世界観を持っていて、際立っている。パキッとした原色の絵具を使って、キャンバスの上に絵を描いていくような、実験的な面白さがあるのだ。


「日本のロックシーンを変えに来ました」と言い放ったトップバッター

さて、楽屋を後にして、いざフロアへ。6時の開演を前に、すでにオーディエンスで埋め尽くされ、すごい熱気だ。―と、そこで照明が落ちる。トップバッター、クリープハイプの登場だ。「日本のロックシーンを変えに来ました」。のっけから、尾崎(Vo,Gt)の宣戦布告。ゾクゾクする。

クリープハイプ
クリープハイプ

クリープハイプは、2001年、尾崎が高校の同級生と結成したバンド。紆余曲折を経て、2009年に現メンバーとなり、本格的な活動をスタートさせた。扇情的なハイトーンボイスで感情をむき出しにして歌うそのパフォーマンスが話題となり、2011年10月には渋谷クラブクアトロのワンマンをソールドアウトに。今年、2012年4月には、メジャー1stアルバムのリリースも決定しているという。

クリープハイプ
クリープハイプ

もうすでにライブのキラーチューンとなっている“HE IS MINE”では、尾崎が「サビ前の大事な歌詞、忘れちゃったから、みんなが歌って」との「お約束」にオーディエンスが一体となって「セックスしよう!」コールで応える。この一体感は、ライブならでは。本当に気持ちがいい。パフォーマンスを締めくくったのは、名曲“イノチミジカシ コイセヨオトメ”。だが、ここでおっ? っと思った人も多かったに違いない。歌詞が、震災後のこの国を意識した内容になっていたのだ。この粋な計らいに、この地に暮らすひとりの人間として、ただただ感動。そのことをライブ後の楽屋で尾崎に告げると「余計なことをしてスミマセン」と謙虚に頭をかいた。センシティブにして、マッド。クリープハイプの魅力を十分に堪能できたステージだった。

岡沼美樹恵

大学卒業後、東京での出版社勤務を経て、仙台でフリーライターに。テレビ誌、地元情報誌などでアーティストインタビュー、映画レビューなどを担当。ほぼ毎日のように届く音楽サンプルに埋もれ、あれもこれもと手を出すうちに、どんなジャンルが好きなのか分からなくなって、今やカオス状態。旅コラムもやってます。

国内コラム From仙台 東北女の丸かじり!! | 中日旅行ナビ ぶらっ人

連載・コラム一覧に戻る

東京・青山発 コンテンポラリーダンスの祭典『Dance New Air 2014 ダンスの明日』9/12→10/5

CINRA.STORE カルチャーセレクトショップ

  • fancomi - iPhone5/5Sケース「page」

    ¥3,780

    洗練されたモダン・イラストレーション

  • COET - INNER CLUTCH BAG(ブラウン)

    ¥5,616

    収納力抜群のシンプルなクラッチバック

  • コンドウアキ - iPhone5/5Sケース「パンたべる?」

    ¥3,780

    コンドウアキの新キャラ「食いしんぼう・ぱくり」グッズ

  • SLOW LABEL , KULUSKA - 革サンダル(L・パープル)

    ¥3,996

    色とりどりの織り柄がかわいい鼻緒の本革サンダル。

  • かわベーコン - Tシャツ「徒然糞」(ネイビー)

    ¥3,240

    ふわふわひらひら…粋なだけじゃ物足りない

  • Mogu Takahashi - Tシャツ「When you talk to me」(レディース・ホワイト)

    ¥3,240

    うれしいとおもうとき

  • とんぼせんせい - Tシャツ「のんびりしろくまTシャツ」(杢グレー)

    ¥3,240

    イメージハッカー「とんぼせんせい」を着て出かけよう

  • 黒川ナイス - Tシャツ「磁石少年」(ホワイト)

    ¥3,240

    赤と青と黒のシンプルでクールなTシャツ

  • SUEKKO LIONS(C) - Tシャツ「PIZZA」(レディース・ライトブルー)

    ¥3,240

    地元に着て帰るなら、悶々としたこのTシャツ

  • ニシワキタダシ - Tシャツ「おなかがよわい」(レディース・ライトピンク)

    ¥3,240

    思わず顔がゆるむ、なんともいえない一場面がTシャツに

  • 水尻自子 - Tシャツ「Bigイクラ軍艦」(ホワイト)

    ¥3,240

    デッカいイクラ軍艦寿司

  • えちがわのりゆき - Tシャツ「DON'T WORRY」(ホワイト)

    ¥3,240

    これを着れば、ちいさな悩みならなんとかなるかも?

  • 前田ひさえ - Tシャツ「ビキニガール&ワンピースねこ」(レディース・ホワイト)

    ¥3,240

    夏休みに着たいシンプルなサマーTシャツ

  • 大橋裕之 - Tシャツ「超能力研究部」(ナチュラル)

    ¥3,240

    最先端を行き過ぎたショートストーリー『シティライツ』Tシャツ

  • Buffalo Daughter - 伊藤桂司デザイン「Cold Summer(c/w Daisy)」7inchバイナル

    ¥1,080

    限定復刻! 超レアな豪華仕様7インチ・シングル

CINRA presents『exPoP!!!!!』

美輪明宏『ロマンティック音楽会2014』 9月5日~23日 東京芸術劇場 プレイハウス

ISIS FESTA 知の編集トーク満載 8.30-9.13

100 TOKYO Creative venues, products and people in Tokyo.

はみだし3兄弟 モーニングCINRA出張所

テキスタイルパネル特集 暮らしを楽しくするアートなインテリア

夏のTシャツ特集 人気作家11組全33柄の新作登場!

UQiYOインタビュー 新しい音楽の届け方を見つけたバンド

今日マチ子×東京女子流 コラボ漫画発売記念グッズ登場

Shiggy Jr. interview 新世代ポップシーンの最注目株

チーナインタビュー 和製Arcade Fireと呼ばれたバンドの進化

Buffalo Daughterインタビュー 彼らでしかあり得ない「つながり」の強さ

fox capture planインタビュー 短時間で成功を手にした戦略家バンド

KI by KIRAYURINA 木とアクリルの個性的なアクセサリー

Lawny 毎日使えて心地よい、アートな1点ものバッグ

BEFORE my BREAKFAST おしゃれで機能的なトラベルグッズ

GIFT for MEN 男性への贈り物におすすめの商品を特集

Gift for WOMEN 女性への贈り物におすすめの商品を特集

MyXイチオシアーティスト Yogee New Waves

Google+はじめました