まずはココから

連載・コラム

注目バックナンバー

連載・コラム

次世代の登竜門イベント『スペースシャワー列伝』の熱気

次世代の登竜門イベント『スペースシャワー列伝』の熱気

日本最大の音楽チャンネル「スペースシャワーTV」イチオシの新人アーティストが一堂に会する音楽イベント『スペースシャワー列伝』。これまで、9mm Parabellum Bullet、NICO Touches the Walls、the telephones、andymoriといったアーティストが出演し、その後彼らがこの国の音楽シーンを牽引する存在となっているのは、音楽ファンならずともご承知の通り。つまり、この『スペシャ列伝』に出演するということは、それだけで「次世代を作っていく」と期待され、その実力があるバンドであるということを示す。音楽業界も、耳の肥えたオーディエンスも、この『スペシャ列伝』に注目しているのは、そういう理由からなのだ。

さて、その『スペシャ列伝』のツアーが2月23日の札幌公演を皮切りに行われている。その名も『スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2012』。出演アーティストは、アルカラ、クリープハイプ、Over The Dogs、The SALOVERS。札幌、仙台、新潟、名古屋、大阪、福岡、広島、東京…と、全公演でチケットがソールドアウトになった超人気イベントの第2夜、仙台公演に潜入した。

震災を乗り越え再スタートを切った仙台MA.CA.NAで開催された『スペシャ列伝』


会場は、「仙台MA.CA.NA」。ご存知の方もいるとは思うが、MA.CA.NAは震災以降、入居ビルの建て壊しもあって、一時休業。2011年10月に、場所を移転して再スタートを切った。その新生MA.CA.NAで行われる『スペシャ列伝』ということで、東北の音楽関係者はもちろん、ファンも感無量といったところ。かく言う私も、この場所で、また音楽を楽しめることに胸をいっぱいにしているひとりなのだ。

夕方5時半の開場を前に、MA.CA.NAの前には長蛇の列。その中のひと組、福島から来たという姉妹に声をかけてみた。お目当ては、アルカラとOver The Dogsだという。「Over The Dogsの歌詞の世界観が好き」という姉と、「前から好きだったアルカラを初めて生で見られるので、ドキドキ!」と興奮気味の妹。午前中にたっぷり降った雪の影響で、まるで冷凍庫の中にいるような気温の中、それをもろともせず、2人の目は熱気を帯びていた。

そのころ、ステージでは最終のリハーサルが終了したと聞いて、出演者が勢ぞろいしている楽屋を訪ねてみた。すると、底抜けに明るい関西弁が聞えてくる。アルカラの稲村太佑(Vo,Gt)だ。「クリープハイプって、もっと年下なんやと思っとったわ〜」、そんな風に、クリープハイプの尾崎世界観(Vo,Gt)に話しかける。稲村の周りには、いつの間にか人が集まり、雑談の和が出来上がっていった。

この『スペシャ列伝』が面白いのは、2002年に結成して、海外でのライブ経験を持つアルカラのようなベテランと、2008年に結成して、昨年の『FUJI ROCK FESTIVAL』「ROOKIE A GOGO」で注目を集めた若干20歳のThe SALOVERSのようなルーキーが肩を並べるところ。音楽性も、キャラも実にバラバラなのだが、それぞれが確固たる世界観を持っていて、際立っている。パキッとした原色の絵具を使って、キャンバスの上に絵を描いていくような、実験的な面白さがあるのだ。


「日本のロックシーンを変えに来ました」と言い放ったトップバッター

さて、楽屋を後にして、いざフロアへ。6時の開演を前に、すでにオーディエンスで埋め尽くされ、すごい熱気だ。―と、そこで照明が落ちる。トップバッター、クリープハイプの登場だ。「日本のロックシーンを変えに来ました」。のっけから、尾崎(Vo,Gt)の宣戦布告。ゾクゾクする。

クリープハイプ
クリープハイプ

クリープハイプは、2001年、尾崎が高校の同級生と結成したバンド。紆余曲折を経て、2009年に現メンバーとなり、本格的な活動をスタートさせた。扇情的なハイトーンボイスで感情をむき出しにして歌うそのパフォーマンスが話題となり、2011年10月には渋谷クラブクアトロのワンマンをソールドアウトに。今年、2012年4月には、メジャー1stアルバムのリリースも決定しているという。

クリープハイプ
クリープハイプ

もうすでにライブのキラーチューンとなっている“HE IS MINE”では、尾崎が「サビ前の大事な歌詞、忘れちゃったから、みんなが歌って」との「お約束」にオーディエンスが一体となって「セックスしよう!」コールで応える。この一体感は、ライブならでは。本当に気持ちがいい。パフォーマンスを締めくくったのは、名曲“イノチミジカシ コイセヨオトメ”。だが、ここでおっ? っと思った人も多かったに違いない。歌詞が、震災後のこの国を意識した内容になっていたのだ。この粋な計らいに、この地に暮らすひとりの人間として、ただただ感動。そのことをライブ後の楽屋で尾崎に告げると「余計なことをしてスミマセン」と謙虚に頭をかいた。センシティブにして、マッド。クリープハイプの魅力を十分に堪能できたステージだった。

岡沼美樹恵

大学卒業後、東京での出版社勤務を経て、仙台でフリーライターに。テレビ誌、地元情報誌などでアーティストインタビュー、映画レビューなどを担当。ほぼ毎日のように届く音楽サンプルに埋もれ、あれもこれもと手を出すうちに、どんなジャンルが好きなのか分からなくなって、今やカオス状態。旅コラムもやってます。

国内コラム From仙台 東北女の丸かじり!! | 中日旅行ナビ ぶらっ人

連載・コラム一覧に戻る

iPhone6 CASE SPECIAL 個性豊かなiPhone6ケースを大特集

CINRA.STORE カルチャーセレクトショップ

  • nu(エヌユー) - 10年メモ(ネイビー) 2015年4月始まり

    ¥3,240

    10年前の今日、何をしていたか覚えていますか?

  • Lawny - トートバッグ(ブラウン生地/さんかく)

    ¥16,200

    人気バッグブランドのスペシャルエディション

  • JUNIO - CONTES(ショート / イエロー×ホワイト)

    ¥2,700

    土と釉薬のカラフルな共演

  • BEFORE my BREAKFAST - Denim Planter(ブルー)

    ¥7,560

    様々なモノの収納にも使えるデニムのプランターカバー

  • BEFORE my BREAKFAST - Denim Apron(ブルー)

    ¥12,960

    ファッション性の高さにこだわったデニムエプロン

  • OCICA - OCICA DEER LEATHER PENCASE

    ¥6,800(

    石巻市・牡鹿半島でつくる天然鹿革のペンケース

  • HELLOAYACHAN - ○△(グレー/ブルー/オレンジ)

    ¥2,484

    京都発、カラフルで楽しいハンドメイド・アクセサリー

  • 安藤晶子 - iPhone6ケース「TILE3」

    ¥3,780

    街角で見つけたタイルたち

  • 神尾茉利 - マグカップ「ねこのマグカップ 1」

    ¥1,944

    水彩で描かれた個性豊かなねこたち

  • 大橋トリオ - 【特典付】『ohashiTrio TOUR 2015 ~PARODY~』チケット

    ¥6,500

    CINRA.STORE限定特典が付いた、大橋トリオ2015年全国ホールツアーチケット

  • ichimaruni - ロール M(エクリュホワイト)

    ¥10,260

    ショルダー、トート、リュックとして使える3Wayバッグ

  • アベミズキ - iPhone6ケース「BRING IT ON!」(ホワイト)

    ¥3,780

    「電話にまつわる」デザインシリーズ

  • 山根慶丈 - iPhone6ケース「たぬたぬ (ミントグリーン)」

    ¥3,780

    平成生まれの昭和クリエーターが描く、どこか懐かしいたぬきのiPhoneケース

  • ichimaruni - エア デリ(レッド)

    ¥8,640

    空気のようにふんわり軽いデリバリーバッグ

  • ヌトグラン - iPhone6ケース「ネコパズル」

    ¥3,780

    宝石のようなパズルの世界に迷い込んだネコちゃんたち。

CINRA presents『exPoP!!!!!』

高橋コレクション展 ミラー・ニューロン

LUMINE CLASS ROOM 内面のオシャレを磨くヒントがいっぱい!

新しい才能に会いに行こう。 SICF16 2015年5月2日(土)-5日(火・祝)スパイラルホール

100 TOKYO Creative venues, products and people in Tokyo.

はみだし3兄弟 モーニングCINRA出張所

aquarifa interview ウサギの仮面を脱いで語る、紅一点Vo.の秘密

10年前の今日、何をしていたか覚えていますか?

編集者が考えた新しい文具&生活道具

原田茶飯事インタビュー 正直な歌うたいの人間味溢れる音楽が心地よい

ニシワキタダシ インタビュー ユーモアあふれるゆるーいキャラたち

ditto×CINRA.STORE アートなシルクスカーフ全12柄を特集

話題の専門店による有機栽培のグラノーラ

MODECO インタビュー ファッションの未来に想いを馳せて

HELLOAYACHAN 京都発、カラフルで楽しいアクセサリー

Yellow Studsインタビュー ゼロから始めた完全無所属バンドの逆転劇

MODECO インタビュー ファッションの未来に想いを馳せて

シャムキャッツ interview 故郷が美しかったことを、残しておきたかった

軽くて丈夫、カラー豊富な帆布バッグ

MyXイチオシアーティスト LIBRO

CINRA Inc,スタッフ募集中!