イベントを探す?

『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE®』

『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE®』キービジュアル ©彩花みん、池野恋、一条ゆかり、小花美穂、高須賀由枝、水沢めぐみ、矢沢あい、矢沢漫画制作所、吉住渉/集英社・りぼん ©TOKYO-SKYTREE
『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE®』キービジュアル ©彩花みん、池野恋、一条ゆかり、小花美穂、高須賀由枝、水沢めぐみ、矢沢あい、矢沢漫画制作所、吉住渉/集英社・りぼん ©TOKYO-SKYTREE

東武タワースカイツリーが運営する東京スカイツリー®では、2017年1月9日(月・祝)~3月31日(金)の期間、月刊少女漫画雑誌「りぼん」創刊60周年を記念し、『250万乙女のときめき回廊at TOKYO SKYTREE®』を開催します。

各作品の名場面が蘇る天望シャトル(エレベーター)に搭乗し、地上445mの天望回廊に到着すると、東京スカイツリーオリジナル「りぼん」の表紙デザインによるフォトスポットが登場。450mへ向かう天望回廊内は、人気作品の印象的なシーンで演出、窓辺の望遠鏡を覗くと眺望を背景に各作品のキスシーンが見える仕掛けを施し、漫画の世界に入り込んだかのような体験ができます。

また、コミックスの表紙に入って写真が撮れるフォトスポットやAR(拡張現実)を活用したアプリでヒロインになりきれる仕掛け、各作品に登場するヒーローのフォトスポットや創刊から60年分の「りぼん」の表紙デザインおよび人気付録等の展示など、懐かしくて思わず写真を撮りたくなる様々な演出を行います。さらに、スタンプラリーや各作品を表現したオリジナルカフェメニューの販売等も実施します。

本イベントは、創刊60周年を迎えた「りぼん」と東京スカイツリーがコラボレーションし、乙女の恋愛バイブルと言われ、80~90年代に250万人の「りぼん」読者が体感していた “甘酸っぱい気持ち”や“ドキドキ感”と、東京スカイツリーの最も高い展望台に上った時の“高揚感”とが同時に体感できる様々な仕掛けを展開します。(東京スカイツリーウェブサイトより)

『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE®』

2017年1月9日(月・祝)~3月31日(金)
会場:東京都 押上 東京スカイツリー

  • 『恋する望遠鏡』(イメージ) ©集英社・りぼん ©TOKYO-SKYTREE
    『恋する望遠鏡』(イメージ) ©集英社・りぼん ©TOKYO-SKYTREE
  • 朝の眺望と共に楽しむ『チキン・ママレード・サンドイッチ』(イメージ) ©吉住渉/集英社・りぼん ©TOKYO-SKYTREE
    朝の眺望と共に楽しむ『チキン・ママレード・サンドイッチ』(イメージ) ©吉住渉/集英社・りぼん ©TOKYO-SKYTREE
  • ソラカラポイント『イケメン☆カーニバル』装飾(イメージ) ©集英社・りぼん ©TOKYO-SKYTREE
    ソラカラポイント『イケメン☆カーニバル』装飾(イメージ) ©集英社・りぼん ©TOKYO-SKYTREE
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“七曜日”

U-zhaanが叩くタブラの七拍子のリズムに環ROYと鎮座DOPENESSが放つ奔放で日常的なリリック、さらにerror403が手がけたアニメーションの組み合わせは中毒性が高い。映像はバグったゲームボーイの起動画面、アプリアイコン、北斗七星、Google Street Viewの遷移感、太鼓の達人など、ギミックたっぷりでついついリピートしてしまう。(宮原)