イベントを探す?

『自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井守』

『機動警察パトレイバー2 the Movie』 ©1993 HEADGEAR / BANDAI VISUAL / TOHOKUSHINSHA / Production I.G
『機動警察パトレイバー2 the Movie』 ©1993 HEADGEAR / BANDAI VISUAL / TOHOKUSHINSHA / Production I.G

『自選シリーズ 現代日本の映画監督』は、2013年に始まったフィルムセンターの上映企画。5回目となる今回は押井守監督を特集。「テロリズムの予感」「デジタルの勘違い」「身体論の行方」といった12のプログラムを設け、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』『機動警察パトレイバー2 the Movie』『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など全20作を上映する。

初日の1月10日と1月21日には押井を迎えたトークイベントを開催。上映スケジュール、イベントの詳細は東京国立近代美術館フィルムセンターのオフィシャルサイトで確認しよう。

『自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井守』

2017年1月10日(火)~1月22日(日)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール
上映作品:
『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(監督:押井守)
『天使のたまご』(監督:押井守)
『トワイライトQ/迷宮物件 FILE 538』(監督:押井守)
『紅い眼鏡』(監督:押井守)
『機動警察パトレイバー2 the Movie』(監督:押井守)
『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(監督:押井守)
『イノセンス』(監督:押井守)
『ケルベロス 地獄の番犬』(監督:押井守)
『アヴァロン』(監督:押井守)
『重鉄騎 STEEL BATTALION』(監督:押井守)
『KILLERS キラーズ/.50 Woman』(監督:押井守)
『真・女立喰師列伝/金魚姫 鼈甲飴の有理』(監督:押井守)
『真・女立喰師列伝/ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子』(監督:押井守)
『斬~KILL~/ASSAULT GIRL 2』(監督:押井守)
『ASSAULT GIRLS』(監督:押井守)
『立喰師列伝』(監督:押井守)
『ケータイ捜査官7/圏外の女(ディレクターズカット版)』(監督:押井守)
『THE NEXT GENERATION―パトレイバー―/EPISODE: 5, 6 大怪獣現わる』(監督:押井守)
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(監督:押井守)
『Je t'aime』(監督:押井守)
料金:一般520円 高大生310円 小中生100円
※障がい者と付添者1名、キャンパスメンバーズは無料

続きを見る
  • 『イノセンス』 ©2004 士郎正宗 / 講談社・IG, ITNDDTD
    『イノセンス』 ©2004 士郎正宗 / 講談社・IG, ITNDDTD
  • 『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』 ©1984 東宝 ©高橋留美子/小学館
    『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』 ©1984 東宝 ©高橋留美子/小学館
  • 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』 ©1995 士郎正宗 / 講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
    『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』 ©1995 士郎正宗 / 講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
  • 『アヴァロン』 © 2000 Mamoru Oshii and Avalon Project, All Rights Reserved.
    『アヴァロン』 © 2000 Mamoru Oshii and Avalon Project, All Rights Reserved.
  • 『立喰師列伝』 ©2006 押井守・Production I.G / 立喰師列伝製作委員会
    『立喰師列伝』 ©2006 押井守・Production I.G / 立喰師列伝製作委員会
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)