イベントを探す?

木ノ下歌舞伎『隅田川・娘道成寺』東京公演

2016年、10周年を迎える木ノ下歌舞伎は、女性ソロ舞踊2本立てに挑みます。

2008年に初演し、その後2度の再演とチリでの招聘公演と、上演を繰り返してきた木ノ下歌舞伎のマスターピースとも言える、きたまり氏による『娘道成寺』と、2011年に自身初の演劇作品となる『夏祭浪花鑑』、2012年に『義経千本桜ー吉野山の場ー』を演出した白神ももこ氏による『隅田川』の女性舞踊家によるソロ舞踊2本立て企画です。

『娘道成寺』はこれまで30分のショートバージョンとして上演してきましたが、長唄をフルに使ったロングバージョンに作り直し、きたまり氏自身が踊ります。

『隅田川』は白神ももこ振付、出演し、木ノ下歌舞伎メンバーである木ノ下・杉原との共同演出作品として創作します。

『娘道成寺』と『隅田川』は能から派生した歌舞伎演目であり、それぞれ鬼女物・狂女物として、日本の古典芸能が有してきた代表的な女性像を描いた大曲です。 この代表的な2演目を同時上演することによって、日本古典の女性像に迫ります。(プレスリリースより)

木ノ下歌舞伎
『隅田川・娘道成寺』東京公演

2017年1月13日(金)~1月22日(日)全11公演
会場:東京都 駒場東大前 こまばアゴラ劇場
監修・補綴:木ノ下裕一
美術:杉原邦生

『娘道成寺』
演出・振付・出演:きたまり(KIKIKIKIKIKI)

『隅田川』
演出:
白神ももこ(モモンガ・コンプレックス)
杉原邦生(KUNIO)
木ノ下裕一
振付・出演:白神ももこ

料金:
前売 一般3,500円 25歳以下2,800円 高校生以下1,000円
当日 一般3,800円
※1月16日は東浩紀、1月18日は近藤良平を迎えるアフタートーク有り

続きを見る
  • 木ノ下歌舞伎『隅田川・娘道成寺』フライヤービジュアル
    木ノ下歌舞伎『隅田川・娘道成寺』フライヤービジュアル
  • 2012年『三番叟/娘道成寺』より『娘道成寺』 撮影:鈴木竜一朗(日光堂)演出・振付・出演:きたまり
    2012年『三番叟/娘道成寺』より『娘道成寺』 撮影:鈴木竜一朗(日光堂)演出・振付・出演:きたまり
  • 2012年『義経千本桜』より「吉野山」の場面 撮影:清水俊洋 演出・振付:白神ももこ
    2012年『義経千本桜』より「吉野山」の場面 撮影:清水俊洋 演出・振付:白神ももこ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

ハリウッドザコシショウ“ゴキブリ男(Video Edit)”

ハリウッドザコシショウの歌手デビュー曲“ゴキブリ男”のPV。石野卓球が作詞・作曲・プロデュースを手がけたと知って納得。キワモノに聴こえない仕上がりには流石の一言です。コーラスにはピエール瀧も参加しており、電気グルーヴ仕様にも俄然興味が湧く。なお、卓球は「こう言っちゃなんだけど、ゴキブリの歌が売れるわけねえだろ!」とコメント。(山元)