イベントを探す?

  • 2017年2月18日(土)〜2017年4月16日(日)

『パロディ、二重の声―日本の1970年代前後左右』

「パロディ」を取り入れた日本国内の作品に焦点を当てる展覧会『パロディ、二重の声―日本の1970年代前後左右』。1970年代の作品を中心に、絵画、漫画、グラフィック、テレビ映像、裁判記録といった作品や資料など約300点を展示する。出品作家には赤瀬川原平、横尾忠則、篠原有司男、河北秀也らが名を連ねている。

期間中には南伸坊、夏目房之介、会田誠らによるトークイベントも開催予定。詳細は東京ステーションギャラリーのオフィシャルサイトで後日発表される。

『パロディ、二重の声―日本の1970年代前後左右』

2017年2月18日(土)~4月16日(日)
会場:東京都 東京ステーションギャラリー
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(3月20日は開館)、3月21日
料金:一般900円 高校・大学生700円
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方と介添者1名は無料

続きを見る
  • 横尾忠則『POPでTOPを!』 1964年頃 作家蔵
    横尾忠則『POPでTOPを!』 1964年頃 作家蔵
  • 赤瀬川原平『櫻画報 1971年3月19日号』より 1971年
    赤瀬川原平『櫻画報 1971年3月19日号』より 1971年
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)