イベントを探す?

  • 2017年3月18日(土)〜2017年5月21日(日)

『シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』

蛭子能収『飛べる人』 ©蛭子能収
蛭子能収『飛べる人』 ©蛭子能収

1973年に雑誌『月刊漫画ガロ』でデビューした漫画家の蛭子能収。不条理な作風で知られ、昨年にはデビュー作『パチンコ』を含む書籍『パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選』や『復活版 地獄に堕ちた教師ども』などを刊行した。またタレントや俳優としても活動している。

『シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』では蛭子がこれまでに描いてきた漫画作品を中心に紹介。漫画の原画に加え、学生時代に描かれた絵画や近年のイラスト、立体作品、資料など約200点を展示する。また期間中の5月5日には、蛭子による「似顔絵サイン会」も実施される。詳細は北九州市漫画ミュージアムのオフィシャルサイトをチェックしよう。

『シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』

2017年3月18日(土)~5月21日(日)
会場:福岡県 北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
時間:11:00~19:00(入館は18:30まで)
料金:一般500円 中高生300円 小学生200円

  • 蛭子能収『汗!!』 ©蛭子能収
    蛭子能収『汗!!』 ©蛭子能収
  • 蛭子能収『淋しい生活』 ©蛭子能収
    蛭子能収『淋しい生活』 ©蛭子能収
  • 蛭子能収『踊りましょう』 ©蛭子能収
    蛭子能収『踊りましょう』 ©蛭子能収
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)