イベントを探す?

  • 2017年4月30日(日)〜2017年5月21日(日)

『新世界ロマンスオーケストラ』東京公演

根本宗子
根本宗子

月刊「根本宗子」を主宰する根本宗子が作・演出を手掛ける舞台『新世界ロマンスオーケストラ』。メジャーデビューを控えた30歳目前のインディーズバンドのボーカル・拓翔を主人公に据えた「スーパープラトニックハーレム演劇」となる。

メジャーデビューの話を受けて調子に乗り、複数の女性と交際しながら自分にメリットがある相手を天秤にかけている主人公・拓翔役を演じるのは上田竜也。共演者には清水くるみ、早織、青山美郷、長井短、根本宗子、宮崎吐夢、西田尚美が名を連ねる。

根本は「男性が中心にいて、周りに女子が群がっているハーレムな感じで、でもラブシーンなし、な作品をいつか作ってみたい、そんなことが成立する男性はめったにいない!今回がチャンス」と同作の脚本を書き下ろしたという。

『新世界ロマンスオーケストラ』東京公演

2017年4月30日(日)~5月21日(日)
会場:東京都 新大久保 東京グローブ座
作・演出:根本宗子
出演:
上田竜也
清水くるみ
早織
青山美郷
長井短
根本宗子
宮崎吐夢
西田尚美

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)