イベントを探す?

  • 2017年5月2日(火)〜2017年5月3日(水)

Rosas『ファーズ―Fase』東京公演

Rosas『ファーズ―Fase』 ©Herman Sorgeloos
Rosas『ファーズ―Fase』 ©Herman Sorgeloos

1983年に振付家のアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルによって結成され、ベルギーを拠点に世界各地で上演を行なっているRosas。今回の来日公演では、ケースマイケルがRosas設立の前年にあたる1982年に発表した『ファーズ―Fase』と、7人のダンサーと7人の音楽家による『時の渦―Vortex Temporum』を上演する。

5月2日と3日に上演される『ファーズ―Fase』は、スティーヴ・ライヒ初期作品“Piano Phase”“Come Out”“Violin Phase”“Clapping Music”から構成された作品で、来日公演ではケースマイケル自身がステージに立つ。日本で同作が上演されるのは約15年ぶり。

Rosas
『ファーズ―Fase』東京公演

2017年5月2日(火)、5月3日(水・祝)全2公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場プレイハウス
出演:
アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
ターレ・ドルヴェン
音楽:スティーヴ・ライヒ
料金:S席5,500円 A席4,500円 高校生1,000円 25歳以下A席3,000円 65歳以上S席5,000円

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)