イベントを探す?

  • 2017年5月19日(金)〜2017年6月11日(日)

『クヒオ大佐の妻』

『クヒオ大佐の妻』ビジュアル
『クヒオ大佐の妻』ビジュアル

舞台『クヒオ大佐の妻』は、1970年代から90年代にかけて、カメハメハ大王やエリザベス女王の親類であると偽り、結婚詐欺を繰り返した「ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐」と名乗る実在の日本人をモチーフにした作品。クヒオ大佐の妻を主人公に据え、狭いアパートで彼を待ち続け、夫はアメリカ海軍のパイロットだと言い張る妻の姿を描く。

作・演出を務めるのは、『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』などの監督作を手掛けている吉田大八。2作目の演劇作品に挑む吉田は2009年に堺雅人主演の映画『クヒオ大佐』を監督しているが、『クヒオ大佐の妻』は吉田が舞台のために書き下ろした作品で、映画とは異なる新しい視点からクヒオ大佐を捉えた内容になるという。

『クヒオ大佐の妻』

2017年5月19日(金)~6月11日(日)全28公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターウエスト
作・演出:吉田大八
出演:
宮沢りえ
岩井秀人
川面千晶
水澤紳吾
料金:前売7,600円 当日8,000円

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)