イベントを探す?

  • 2017年5月20日(土)〜2017年7月17日(月)

『ダヤニータ・シン インドの大きな家の美術館』

ダヤニータ・シン『ミュージアム・オブ・チャンス』2013年 撮影:ステファン・ホワイト
ダヤニータ・シン『ミュージアム・オブ・チャンス』2013年 撮影:ステファン・ホワイト

1961年にインド・ニューデリーで生まれた写真家のダヤニータ・シン。欧米の雑誌のカメラマンとしてキャリアをスタートしたが、外国人が好むエキゾチックで貧しいというステレオタイプなインドの姿に疑問を抱いたシンは、1990年代後半にフォトジャーナリストの仕事を辞め、アーティストとしての活動を開始した。近年は移動式美術館「インドの大きな家の美術館」を考案し、2016年までに10以上の「美術館」を制作しているという。

東京都写真美術館の総合開館20周年を記念して開催される『ダヤニータ・シン インドの大きな家の美術館』展。シンの初期作『マイセルフ・モナ・アハメド』『第3の性(ポートフォリオ)』『私としての私』や、近作『セント・ア・レター』、最新作を紹介する。

会期中にはシンの講演会や写真家・畠山直哉の講演会を開催。参加方法などの詳細は東京都写真美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

『ダヤニータ・シン インドの大きな家の美術館』

2017年5月20日(土)~7月17日(月・祝)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 2階展示室
時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜)
料金:一般800円 学生700円 中高生・65歳以上600円
※小学生以下、都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜は65歳以上無料

続きを見る
  • ダヤニータ・シン『ミュージアム・オブ・チャンス』より 2013年
    ダヤニータ・シン『ミュージアム・オブ・チャンス』より 2013年
  • ダヤニータ・シン『リトル・レディース・ミュージアム-1961年から現在まで』より 2013年 撮影:ノニー・シン
    ダヤニータ・シン『リトル・レディース・ミュージアム-1961年から現在まで』より 2013年 撮影:ノニー・シン
  • ダヤニータ・シン『マイセルフ・モナ・アハメドMyself Mona Ahmed』より 1989-2000年 東京都写真美術館蔵
    ダヤニータ・シン『マイセルフ・モナ・アハメドMyself Mona Ahmed』より 1989-2000年 東京都写真美術館蔵
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)