イベントを探す?

  • 2017年6月24日(土)〜

『ふたりの旅路』

『ふたりの旅路』 ©Krukfilms/Loaded Films
『ふたりの旅路』 ©Krukfilms/Loaded Films

日本とラトビアの共同製作映画となる映画『ふたりの旅路』は、あることをきっかけに自分の殻に閉じこもってしまった女性・ケイコを主人公にした作品。ラトビア・リガで行なわれる着物ショーに参加することになり、神戸からリガを訪れたケイコが、かつての震災で行方不明になっていた夫と不思議な再会をする、というあらすじだ。

現実とは思えない夫との再会に戸惑うケイコ役を演じるのは桃井かおり。様々な場面でケイコの前に現れる夫役をイッセー尾形が演じる。2人の共演は、尾形が昭和天皇役を演じた2006年公開の映画『太陽』以来、約10年ぶりとなる。

メガホンを取ったのは、初の長編監督作『Loss』で2008年に『上海国際映画祭』最優秀監督賞を受賞したラトビア出身のマーリス・マルティンソーンス。桃井とマルティンソーンス監督は3度目のタッグとなる。撮影はリガと、リガの姉妹都市である神戸で行なわれた。

『ふたりの旅路』

2017年6月24日からユーロスペースほか全国で順次公開
監督・脚本:マーリス・マルティンソーンス
出演:
桃井かおり
イッセー尾形
アーサース・スクラスティンズ
マルティンス・サーメイス
アリス・ポラシェンコ
木内みどり
石倉三郎
上映時間:95分
配給:エレファントハウス

続きを見る
  • 『ふたりの旅路』ロゴ ©Krukfilms/Loaded Films
    『ふたりの旅路』ロゴ ©Krukfilms/Loaded Films
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)