イベントを探す?

  • 2017年6月24日(土)〜

『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』

『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』
『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』

『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』は乳幼児の養育をテーマに、世界9か国の家庭や育児現場を取材したドキュメンタリー作品。作中には、職場復帰に悩む母親や、養子を迎え入れた家族、孫の面倒を見ている祖父母、育児に取り組むレズビアンのカップル、両親を亡くし幼い兄弟の世話をする少女などが映される。また経済学者のジェームズ・ヘックマン、モデルのジゼル・ブンチェン、ユニセフ職員、児童心理学者、学習脳科学者、保育者といった専門家らへのインタビューも収められる。

監督を務めたのはブラジル出身のエステラ・ヘネル。これまでに『世界中の子どもが危ない』『Target Market: Kids(英題)』といったドキュメンタリー作品を制作しているほか、映画製作会社・MARIA FARINHA FILMESの共同設立者を務めている。

『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』

2017年6月24日(土)からアップリンク、ユジク阿佐ヶ谷、7月1日(土)からCINEMA Chupki TABATAほか全国順次公開
監督:エステラ・ヘネル
上映時間:96分
配給:アップリンク

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)