特集 PR

大島新(『シアトリカル』監督)インタビュー

大島新(『シアトリカル』監督)インタビュー

インタビュー&テキスト
柏井万作
撮影:丸田武史
2007/11/16
  • 0

唐さんの元気な姿を見る度に、どっちが健康的なんだろう? と考えてしまう。

―監督は『シアトリカル』以前に、テレビ番組「情熱大陸」で唐十郎さんを紹介していますが、何故映画として再取材しようと思ったんですか?

大島:「こういう人達をきちんと記録しておきたい」という想いが出発点ですね。とにかく、テレビサイズでは語り切れない人達だと思ったんです。唐さんは67歳なんですけど、本当に元気なんですね。そしてそれは、「好きなことを追求している」からだと気がつきました。別に意味付けをするつもりはないですけど、例えば格差社会、勝ち組負け組とか、そんな事が言われている世の中で、あの人達はそれと何にも関係なく生きてる。そんな事を考えている暇はない位、芝居に打ち込んでいるんですよ。その営みは凄いと思ったし、それをちゃんと記録として残る媒体で見てもらいたい。そこが一番大きかったですね。

―唐十郎さんだけではなく、劇団員の営みにもフォーカスを当てていらっしゃいますよね。僕の場合、自分と同世代の役者が年収15万円で頑張っている姿を見て、唐さんの凄さ以上に劇団員の葛藤に共感してしまいました。

大島:ドキュメンタリーって、見る人の世代とか置かれている状況によって見え方が違うんです。例えば50代の方に映画の感想を伺うと、やっぱり還暦を過ぎて頑張っている唐さんへの思い入れが強い。それがドキュメンタリーの面白い所だと思います。逆に「ちょっとついていけない」という人もいますよ。唐さんや劇団員達の気持ちが全く分からないっていう。それはもうやむを得ないかなと思うし。

―テレビ番組だと、唐さんの魅力が分からない人たちにも分かるよう、説明的に作らざるを得ない訳ですよね。

大島:そうですね。それを「やむを得ない」と言えないのがテレビの表現なんです。それはそれでいい事もいっぱいあるんです。多くの人に見てもらう、知ってもらう機会になる訳だから。だけど、唐さんと唐組はそういう計り方をしたくないと思ったんです。

―そうした点も含めて、このドキュメンタリー映画には現代社会に対する問題提起を感じます。

大島:僕がずっとやってきたテレビの仕事と、唐さん達の営みとでは、同じクリエイティブでも大きな違いがあります。テレビ番組はマスに届けるために、子供からお年寄りまで考えて分かりやすく作らなければいけない。と同時に、テレビなら視聴率だったり、書籍だったら部数だったり、数字がかなり大きなウェイトを占めているんです。そういう中で、自分に言い訳しながら切り捨てている部分があるんですよね。本当にやりたいこととか、作りたいこと、表現したいことっていうものを。

―対極ではないにせよ、唐組はテレビ番組で切り捨てられてしまいがちな「表現の追求」をしていますよね。

大島:そう。僕らが抱えているしがらみとこんなに関係なく暮らしている人達がいるんだと。僕は今まで何回も唐組の芝居を観てるけど、とても理解できた気がしない。芝居で彼らが表現したいことを分かったなんて口が裂けても言えないです。でも確実に僕の胸を打っている。そして理解者は決して多くはなくとも、ずっと自分達の表現を続けている、その凄みですよね。だから「物作りってなんなんだ?」って考えさせられるんです。唐さんの元気な姿を見る度に、どっちが健康的なんだろう? と考えてしまう。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』

監督:大島新
(2007年 / 日本映画 / ビデオ / カラー / 102分 / 製作・配給:いまじん 蒼玄社)

プロフィール

大島新

1969年生。1995年、早稲田大学第一文学部卒業後、フジテレビ入社。ディレクターとして「ザ・ノンフィクション」「NONFIX」など、ドキュメンタリー番組の演出を手掛ける。1999年、フジテレビを退社、以後フリーに。毎日放送「情熱大陸」で「唐沢寿明」「寺島しのぶ」「美輪明宏」「唐十郎」などを演出。本作が劇場公開映画第一回監督作品。大島渚監督の次男。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

ENJOY MUSIC CLUB“そんな夜”

原案脚本を手がけるバカリズムと、二階堂ふみ、オードリー若林の三人が出演する日本テレビ系ドラマ『住住』の主題歌“そんな夜”のPVが公開。何でもない平凡な日々にひそむ、ささやかなトキメキやきらめきをぎゅっと捉えるENJOY MUSIC CLUBの歌とラップがたまらないです。何かが始まりそうで何も始まらない、さえないけど愛おしい、そんな毎日を肯定する3分半の魔法が詰まっている。(山元)