特集 PR

エミ・マイヤーが、旅をする理由

エミ・マイヤーが、旅をする理由

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

TOYOTAプリウスのCMソングとして大量にオンエアされているエミ・マイヤーの“On The Road”。曲名だけではわからなかったとしても、そのスモーキーで伸びやかな歌声を聴けば、「あ、あれか! 気になってたんだよねー」という人がきっと多いのではないかと思う。改めて紹介すると、エミ・マイヤーは日本人の母とアメリカ人の父の間に生まれ、現在はシアトルを拠点に活動するシンガー・ソングライター。これまでにShing02やJazztronik、Ken Ishiiらと共演し、前作ではノラ・ジョーンズらを手がけるハスキー・ハスコルズをエンジニアに迎えるなど、様々な人との出会いから、良質なポップスを作り続けている。“On The Road”を含む新作『LOL』は、彼女のトレードマークであるピアノではなく、アコギをメインとした軽やかな作風になっているが、これもやはりコラボレートする相手との出会いから導かれたものだという。たくさんの人と音楽を共有する喜びと同時に、ひとつの居場所を築く夢を感じながら、彼女の一期一会の旅はこれからも続いていく。

(自分の声は)まだ親しくなってる途中の友達みたいな感じです(笑)。

―CMでエミさんの曲を聴いて、楽曲自体はもちろん、改めて声がいいなってすごく思ったんですよね。今のボーカルスタイルはどのように形作られてきたのですか?

エミ・マイヤー:最初はピアノから音楽を始めて、歌ってはいなかったので、歌に関しては今でも毎年発見することがあります。去年の頭ぐらいに初めてボーカルレッスンを受け始めて、まだ親しくなってる途中の友達みたいな感じですね(笑)。

―ちゃんとレッスンも受けてるんですね。

エミ・マイヤー:アメリカでは最近、アデルとかジョン・メイヤーとか、声をダメージして手術をしてるシンガーが多いんです。それで、そうはならないようにレッスンを受け始めたんですけど、私は今まで喉で歌っていたことを発見して。だから今は、もっといろんな部分で歌おうとしてますね。声って胸と喉と頭に分けられてるんだなってすごく思いました。

エミ・マイヤー
エミ・マイヤー

―喉からじゃなくてお腹からとはよく言いますけど、さらに胸や頭からも。

エミ・マイヤー:そう、そのために発声の運動の曲を作ったりして(笑)。でも、自分にとって難しかったことを曲でチャレンジするのが楽しいんです。それが上手くなったら、次のものにチャレンジするみたいな。

―自分で自分にチャレンジするものを課していくと。どんどん難しくなって大変ですね(笑)。

エミ・マイヤー:ただ単に、チャレンジするのが好きなだけかもしれないですね(笑)。

2/4ページ:恐れて自分の家に閉じこもるよりは、出て行って人と会える時間の大切さが改めて分かった。

Page 1
次へ

リリース情報

エミ・マイヤー『LOL』
エミ・マイヤー
『LOL』

2012年4月11日発売
価格:1,575円(税込)
VITO-111 / Plankton

1. エル・オー・エル
2. ドゥーイン・グレイト(アコースティック・ヴァージョン)
3. スティル
4. ワット・カインド
5. オン・ザ・ロード(プリウス・ヴァージョン)

イベント情報

『ツアー・オン・ザ・ロード』

2012年5月19日(土)
会場:神奈川県 横浜 GREEN ROOM FESTIVAL'12

2012年5月24日(木)
会場:東京都 吉祥寺 STAR PINE'S CAFE

2012年5月25日(金)
会場:神奈川県 相模原 杜のホールはしもと・多目的室

2012年5月28日(月)
会場:京都府 磔磔

2012年5月29日(火)
会場:兵庫県 神戸 cafe Fish!

2012年5月31日(木)
会場:長崎県 旧香港上海銀行長崎支店記念館(弾き語り)

2012年6月1日(金)
会場:福岡県 Gate's7(弾き語り)

2012年6月2日(土)
会場:静岡県 焼津文化会館(ゲスト:永井聖一)

プロフィール

エミ・マイヤー

アメリカを拠点に活動するシンガー・ソングライター。日本人の母親とアメリカ人の父親の間に京都で生まれ、1才になる前にアメリカのシアトルに移住。07年にシアトルー神戸ジャズ・ボーカリスト・コンペティションで優勝。その後、国内外の著名アーティストと共演を重ね、フジロックなど各地の大型フェスにも出演。その歌声と存在感で多くの聴衆を魅了している。暖かなスモーキー・ヴォイスは数々のCMでも聞くことができる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)