特集 PR

この世にないものを音楽に 石橋英子インタビュー

この世にないものを音楽に 石橋英子インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/07/02
  • 0

これまでに発表した3作がそれぞれ高い評価を受けてきた石橋英子が、初のバンド録音による新作『Imitation of life』を完成させた。「もう死んだ人たち」と名付けられたバンドメンバーは、前作『carapace』に続いてプロデュースや録音も担当したジム・オルークをはじめ、波多野敦子、須藤俊明、山本達久という、実に個性的な面々。彼らのバックアップを受け、非常にプログレッシブでありながらも、端正かつ優美な、『Imitation of life』の世界が見事な形で具現化されている。

今回のインタビューはそんなメンバーが勢ぞろいする貴重な機会となったのだが、音源で感じることのできる緊張感とは打って変わって、5人はリラックスモード。合宿で行われたというレコーディングも、ほとんどの時間はお酒を飲みながらトランプをしていたというだけに、この日も和気あいあいとした雰囲気で取材は進められた。それはまさに、わざわざ言葉で語る必要のない、音でつながった信頼関係が、アルバムの基盤となっていることの裏返しだと言っていいだろう。もちろん、ときおり出てくる鋭い指摘には「うんうん」と唸らされる、硬軟のギャップも実に魅力的な5人だった。

このメンバーでやろうと思って作ったアルバムです。デモを作った段階でキャストは決まっていたというか。(石橋)

―今回は特別にバンドメンバー全員にお集まりいただいたわけですが、普段5人でいるときはどんな話をされてるんですか?

山本:…ここで言ってもいいんですか?(笑)

―書けることだと嬉しいです(笑)。

山本:書けないな…絶対。

―書けないようなことばかりしゃべってると。

石橋:基本的に下ネタ多いよね。あとは…好きな音楽の話とか。

ジム:好きじゃなくて、嫌いな音楽の話でしょ(笑)。

石橋:そうですね…悪口(笑)。

―書けないようなことばかりっぽいので、本題に入らせていただきます(笑)。このメンバーというのは、前作『carapace』のレコーディングや、その後のライブで固まっていったわけですよね?

石橋:そうですね。前作以降のライブ活動と、あとジムさんのバンドも今このメンバーなので、そういうのを通じて一緒に演奏して行くうちにっていう感じですね。

―『carapace』は元々「歌とピアノだけでも成り立つように」っていうところからスタートした作品でしたね。でも、それをバンドで演奏して行く中で、次の作品はバンドで録りたいと思うようになったんですか?

石橋:はい、このメンバーでやろうと思って作ったアルバムです。デモを作った段階でキャストは決まっていたというか。ジムさんにPro Tools(音楽編集ソフト)のレッスンを受けまして、いろんな楽器のアレンジを考えながら、ライブの度に新曲を作っていったんです。

石橋英子
石橋英子

―やっぱり、石橋さんにとってジムさんは先生のような存在なんですね。

石橋:そうですね。マイ・チューターです(笑)。

ジム:ジェダイ・マスターです。

―(笑)。ではジムさんにとって、石橋さんはどんな存在ですか?

ジム・オルーク
ジム・オルーク

ジム:英子さんと、英子さんの音楽を尊敬してます。だんだん世界で面白い音楽が減ってると思うので、出会えてよかった、嬉しいです。自分のビジョンを持って、ちゃんと目的に向かっている人は本当に魅力がある。「人が気に入らないかも…」ってコンプロマイズ(妥協)するんじゃなくて、「やろう!」っていうのが大事。

石橋:こういう方が近くにいてくれて、恵まれてると思いますね。自分の求めてるものがあれば、それに関しては色々アドバイスもくださるので。

ジム:ジェダイ・マスターです…でも、映画(『STAR WARS』)は見たことない(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

石橋英子<br>『imitation of life』
石橋英子
『imitation of life』

2012年6月20日発売
価格:2,625円(税込)
felicity / PECF-1049 cap-150

1. introduction
2. resurrection
3. long scan of the test tube sea
4. written in the wind
5. silent running
6. fugitive
7. imitation of life

プロフィール

石橋英子

茂原市出身の音楽家。いくつかのバンドで活動後、映画音楽の制作をきっかけとして数年前よりソロとしての作品を作り始める。その後、4枚のソロアルバムをリリース。ピアノをメインとしながらドラム、フルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチプレイヤー。シンガーソングライターであり、セッションプレイヤー、プロデューサーと、石橋英子の肩書きでジャンルやフィールドを越え、漂いながら活動中。最近では七尾旅人、Phew、タテタカコ、長谷川健一、前野健太、トンチの作品に参加。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)