特集 PR

繋がって当然の世界、このままでいいの? 村松亮太郎×川村真司

繋がって当然の世界、このままでいいの? 村松亮太郎×川村真司

構成
島貫泰介
撮影:野村由芽

「映像の世紀」と言われた20世紀を越え、現在では誰もがあらゆるシーンで映像表現に触れ、気軽に映像を作ることが可能な日々がやってきました。しかし、用意された環境に満足しない挑戦者たちは、この時代にも絶えることはありません。彼らの視線は今、どんな映像世界を見据えているのでしょうか?

映画、MV、CF制作から、3Dプロジェクションマッピングまで多彩な映像表現を手がけるNAKEDの村松亮太郎代表と、視覚表現の最前線で活躍するゲストとの対談シリーズの第3回は、ゲストにクリエイティブ・ラボPARTYを設立し、クリエイティブディレクターとして活躍する川村真司さんをお招きしました。エンターテイメントコンテンツと連動したインタラクティブなプロモーションビデオや、人や事物の協働性を連想させるユニークなプロジェクトで世界から注目を集める川村さんとの対談は、映像表現の最前線を経由して、より根源的なもの作りの原点へと向かいました。時代、経済、身体性……さまざまなキーワードから本当のクリエーションとは何かを探ります。

最近の映像業界で活躍している人は、気づいたらハイブリッドな顔ぶれになってますよね。(川村)

村松:この対談は「映像表現の未来」というテーマで連載をおこなっているのですが、これまでに登場していただいた真鍋大度さんも鈴木康広さんも、いわゆる映像とはちょっと違うところで活動している方なんですよね。

川村:面白い人選だなあって思ってました。外野とまでは言わないけど、ジャンルから少し片足を外へ出している人の方が、見えてくるものってありますよね。

村松:真鍋さんと話したときに「別に映像ディレクターじゃないんだけどなぁ……」とおっしゃってました。真鍋さんも「ライゾマティクス」もテクノロジーの人たちじゃないですか? でも、彼らが『映像作家100人』の巻頭ページを飾るような時代になってるんですよね。

村松亮太郎
村松亮太郎

川村:最近の映像業界で活躍している人は、気づいたらハイブリッドな顔ぶれになってますよね。真鍋さんは基本はプログラミングだし、VJ畑から出てきた人たちもたくさんいる。僕も若干外れた立ち位置ですからね。映像ディレクターに弟子入りしたわけじゃないし、美大も出てない。好きにやってきただけ(笑)。

村松:僕ももともとは役者をやっていて、今は勝手に映像を作ってるだけなんです(笑)。

川村:影響を受けたとするなら、佐藤雅彦先生。あの人はもともと広告プランナーをやっていたけれどそれを辞めて、ゲーム作ったりともかく広い範囲のモノ作りをやっています。「何かを表現すること」よりも、「いかに課題を解決するか?」ということを大事にしている人ですね。だから、僕自身も自己表現にそんなに興味がないんです。

村松:そういう意味では、僕と真逆のスタートですね。映像を作り始めた頃は、コミュニケーションの努力なんて皆無でしたから……。「俺が作った! 魂に響け!」みたいな(笑)。

川村:熱い!(笑)

村松:1997年に自分の拠点としてNAKEDを始めたのですが、その年はまさに時代の転換期で。コンピューターによる編集が可能になって、映像制作の流れが完全に変わった。映像、デザイン、テキスト、音楽、それらすべてがネットメディアに集まって、いろいろなものがボーダレスになったんです。

川村:97年って言うと、僕は高校生でしたね。サンフランシスコから日本に帰ってきて、環境の違いにとまどいつつ、毎日部活でボートを漕いで、麻雀したりしてました。ボート部ってけっこう過酷で、朝5時に起きて10km走って、学校行って寝て、学校が終わったら雀荘行って寝て、またボート漕いで寝るみたいな(笑)。

川村真司
川村真司

村松:ストイックですね!(笑)

川村:普通に大学受験するのもイヤだなあと思って、慶応義塾大学の湘南キャンパス(SFC)の環境情報学部を受けたら運良く受かって。そこで初めてプログラムに触れました。UNIXとかC+とかJAVAはひと通り触れるようになったんですけど、プログラムはあんまり向いてないことがわかり(笑)、デザインの方向へ興味が向いて行きました。そして出会ったのが佐藤先生。当時、本当に日本のことに疎くって、電通も「電気屋かな……?」と思ってたぐらいで、佐藤先生が有名なCMプランナーだったことも知らなかったんですけど。でも彼と出会って、デザインの面白さに目覚めていったんです。

村松:大学卒業後はCMプランナーとして博報堂に入られたんですよね。

川村:15秒、30秒のCMコンテばっかり描いてました。でも、はじめから「CM」だけという枠組みのある考え方があまり好きじゃなかったんですよ。自分で軽くプログラミングもできたからインタラクティブなアイデアもたくさんあったし、そういう手法を混ぜた方がコミュニケーションが広がりやすいと思って、CMプランナーの領分を越えて好き勝手にアイデアを出してました。でもやっぱりCMプランナーはCMを考えろ! という空気は当時はあって、それがちょっと窮屈で、3年で博報堂を辞めて、BBH(世界中に拠点を持つイギリスの広告代理店)に入ったんですよ。最初は日本オフィスの立ち上げに参加して、たまにロンドン本社へ行ったりとか。あとはもう放浪の旅で、3年ごとに会社と国を移りながら、そして今へ至ると。

Page 1
次へ

村松亮太郎関連イベント

特別展『京都−洛中洛外図と障壁画の美』秋のスペシャルナイト
『3Dプロジェクションマッピング付き特別夜間開館』

2013年10月16日(水)〜10月17日(木)18:00〜21:00(入館は20:30まで)
会場:東京都 東京国立博物館 平成館
時間:18:10〜20:20(約5分間の映像をループ上映予定)
料金:2,400円
3Dプロジェクションマッピング鑑賞券+特別『「京都−洛中洛外図と障壁画の美』特別夜間開館入場券1枚+マッピング映像DVDお土産つき
※9月20日からチケット発売開始、枚数に達し次第販売終了(2日間で限定2,728枚)

川村真司関連イベント情報

第325回企画展
『PARTY そこにいない。展』

2013年9月4日(水)〜9月28日(土)
会場:東京都 銀座 ギンザ・グラフィック・ギャラリー
時間:11:00〜19:00(土曜は18:00まで)
休館日:日曜、祝日
料金:無料

プロフィール

村松亮太郎(むらまつ りょうたろう)

映画監督、映像クリエイター。クリエイティブカンパニーNAKED inc.代表。TV、広告、MVなどジャンルを問わず活動を続ける。2006年から立て続けに長編映画4作品を劇場公開した。自身の作品がワールドフェストヒューストングランプリ受賞など、国際映画祭で48ノミネート&受賞中。近年は3Dプロジェクションマッピングに着目し、昨年末話題となった東京駅の3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』の演出を手掛けた。

川村真司(かわむら まさし)

1979年東京生まれ、サンフランシスコ育ち。博報堂、BBH Japan、180 Amsterdam、BBH New York、Wieden & Kennedy New Yorkといった広告代理店を経て、現在東京とニューヨークを拠点とするクリエイティブ・ラボPARTYを設立し、クリエイティブディレクターとして在籍。ToyotaやGoogleといったブランドのグローバルキャンペーンを手がけつつ、「Rainbow in your hand」のようなプロダクト・デザイン、SOUR「日々の音色」やandrop「Bright Siren」ミュージックビデオのディレクションなど活動は多岐に渡る。主な受賞歴に、カンヌ国際広告祭、文化庁メディア芸術祭、アヌシー国際アニメーションフェスティバル、NY ADC、One Show、等。2011年Creativity誌によって「世界のクリエイター50人」そして2012年Fast Company誌「100 most creative people in business」に選ばれた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)