特集 PR

METAFIVEインタビュー 幸宏、小山田らの比類なき最高峰バンド

METAFIVEインタビュー 幸宏、小山田らの比類なき最高峰バンド

METAFIVE『META』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:森山将人

メンバーの個性が万遍なく発揮されればいいなっていうのが狙いとしてはあったんですけど、それがわりと上手くハマった。(小山田)

―アルバムからは先ほどチラッと話に出た1曲目の“Don't Move”のスタジオライブが先行で公開されていましたね。

TEI:“Don't Move”は比較的早い段階で小山田くんが作ってきて。

高橋:いきなり恐ろしいのができてきたと思ったよね。あれは譜面に起こすと大変ですよ。変拍子だらけで。

小山田:最初、僕は比較的薄いオケを作ったんです。リズムとベースとギターくらいで、うわものもあんまり入れてないし、メロディーはまったくなくて、構成とキメだけ。みんなに好きに要素を入れてもらえるように、器っぽいオケを作って。

手前:小山田圭吾、奥:高橋幸宏

砂原:土台と柱だけできてる感じだったよね。

小山田:そういう感じ。そこにLEOくんとTEIさんがメロディーをつけてくれた段階で曲としての形が見えてきて。メンバーの個性が万遍なく発揮されればいいなっていうのが狙いとしてはあったんですけど、それがわりと上手くハマったというか。

TEI:結果は見えてなかったけど、プロセスとしては見えていたと。でも、構成はみんな気を使ってか、全然変えなかったよね。

小山田:変えてもよかったんだけどね(笑)。

TEI:こんなに複雑なのは考えに考えた意味があるんだろうっていう、リスペクトで変えなかったんです。

小山田:実はね、僕、あの曲最初自分でメロディーを入れてたんですよ。だけど、すごい自分っぽい感じになっちゃったから外したんです。

TEI:違うメロディーになった?

小山田:僕が全く予想してなかったメロディーになった。

TEI:最初に入れた歌を外したり、音数少なめに作ってみんなに回したりとか、すごいプロデューサーっぽいよね……オヤPだ。

小山田:それを言ったら、このバンドはみんなP(プロデューサー)だから(笑)。でもホントに、幸宏さんのドラムソロが入ったのもよかったし、あとまりんのオケヒ(オーケストラルヒット。サンプリング音源の一種)も。

高橋:「今どき?」って思ったけど、ハマったよね。

小山田:たった一音なんだけど、バシッと印象付けるもので。ダビングを2周してるんですけど、2周目にまりんがオケヒと、あとYMOの“ABSOLUTE EGO DANCE”の「ピーピー」っていう笛みたいな音を入れてくれて。

―そうやって、オマージュも含めたいろんなアイデアが加わっていったと。

高橋:横で見てて、それが最高に楽しいですね。

小山田:自分一人であの曲を作ったら、あんな派手な曲には絶対なってない。

砂原:誰かっぽいかというとそうじゃない、誰の顔でもない曲になってると思いますね。

エゴはないんで、やっぱりアイデアがどんどん変わっていくのが面白かったですね。(TEI)

―“Don't Move”のイントロというか、アルバムのオープニングに入っている声は、ゴンドウさんのお子さんの声なんですよね?

ゴンドウ:そうですね。頭に何か入れようっていうのは、TEI PとオヤPの発案で(笑)。

ゴンドウトモヒコ

高橋:あの曲で始まるといきなりすごく熱いから、軽いインストみたいなのをつけようかって話してたんだけど、TEIくんが「いや、こんなに暑苦しいのができたんだから、あえてインストとかはナシにして、ほんのちょっとだけ何かを入れましょう」って言って、「声とかいいかもね」って小山田くんと話していて。そのやり取りも僕は横で見ていただけなんですけど、声が送られてきて、かわいいなって。

ゴンドウ:最初iPhoneで録って送ったら、「いいじゃん」ってなって、その後マイクで録り直しました。

高橋:LEOママの声はiPhoneで録ったものをそのまま使ってるよね?

LEO:あれはiPhoneです。

―“Luv U Tokio”の途中に入ってる声ですね。

TEI:制作途中で「せっかくだから、ゲストミュージシャンとかいれずに、できるだけメンバーだけで完結させよう」ってなったんです。僕は“Luv U Tokio”は勝手にHUMAN LEAGUE(1978年デビュー、イギリスのテクノポップグループ)の“Don't You Want Me”をイメージしてて、あの曲は男女のデュエットだから、この曲もそうしたいと思ったんですけど、まりんが……砂原Pから「メンバー以外はやめましょう」ってNGが出て。

砂原:極力身内で完結させようって(笑)。

TEI:幸宏さんもおっしゃってたように、エゴはないんで、やっぱりアイデアがどんどん変わっていくのが面白かったですね。

―予測不可能だからこそ面白いと。

LEO:僕は歌詞をこんなに書くとは思ってなかったです(笑)。

―歌詞に関しては、全体で何かイメージを共有していたのでしょうか?

LEO:それもなくて、曲ごとですね。曲を作った人からキーワード的なことを聞いたぐらい。例えば、砂原さんが作った“Whiteout”は「これは立ちくらみの曲」とか(笑)。

―誰とは明言されていないけど、対象となる女性に向けて歌っている曲が多い気がして、それがアートワークともリンクしているように感じました。

METAFIVE『META』ジャケット
METAFIVE『META』ジャケット

TEI:アートワークは僕の最近のアルバム(2014発売『94-14 COVERS』、2015年発売『CUTE』)にも参加してもらった五木田(智央)くんにお願いして、何曲か聴いてもらったら、幸宏さんとLEOくんのボーカルに共通してるのが、ROXY MUSICのブライアン・フェリー(1971年デビュー、イギリスのロックバンド。ボーカルのブライアン・フェリーを中心に、幾度のメンバーチェンジを経ている)だっていう話になったんです。幸宏さんもロキシー好きだと思うし、僕も昔ロキシーの中でのブライアン・イーノ(シンセサイザー、キーボードを担当。1973年に脱退)の立ち位置をリスペクトしてたんですよ。途中でバンドを抜けちゃう感じとか、僕もDeee-Liteでそうだったから。

小山田:METAFIVEからも抜けちゃうの?(笑)

TEI:いやいや(笑)。まあ、そういうことで、アートワークもロキシーっぽい感じがいいかなって。五木田くんはすごい音楽好きで、YMOに関しては僕よりマニアだし、アバンギャルドからジャズまでレンジがすごく広いんですよ。今は画家一本ですけど、もともとデザイナーとしてやってた人なので、ディレクター的な視点で、このバンドの最初のアルバムには1人の女の子の絵がいいんじゃないかと思ったみたいですね。

Page 3
前へ次へ

リリース情報

METAFIVE『META』
METAFIVE
『META』(CD)

2016年1月13日(水)発売
価格:3,024円(税込)
WPCL-12294

1. Don't Move
2. Luv U Tokio
3. Maisie's Avenue
4. Albore
5. Gravetrippin'
6. Anodyne
7. Disaster Baby
8. Radio(META Version)
9. W.G.S.F.
10. Split Spirit(META Version)
11. Whiteout
12. Threads

イベント情報

『METAFIVE “pre-METALIVE 2016 ~「META」RELEASE party”』

2016年1月14日(木)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
料金:5,800円(ドリンク別)

『METAFIVE “METALIVE 2016”』

2016年1月21日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 六本木 EX THEATER ROPPONGI
料金:7,800円(ドリンク別)

プロフィール

METAFIVE
METAFIVE(めたふぁいぶ)

高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井。それぞれが日本の音楽シーンに特別で、独特な存在を築いてきたレジェンドの集合体である、まさに夢のバンド。2014年1月に六本木EX THEATERのオープニング企画として行われた、「高橋幸宏&METAFIVE」としての一夜限りのスーパー企画として結成され、その後不定期に活動を続行。同年の『TAICOCLUB'14』『WORLD HAPPINESS 2014』『SPACE SHOWER TV 開局25周年×攻殻機動隊25周年×日本科学未来館』、2015年の『WORLD HAPPINESS 2015』『OTODAMA'15~音泉魂~』に出演。圧倒的な存在感を示し、大きな賞賛を得る。2016年1月13日、遂にオリジナルアルバム『META』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)