特集 PR

「人間らしさ」すら変わるかも。未来を示唆する芸術×科学最前線

「人間らしさ」すら変わるかも。未来を示唆する芸術×科学最前線

『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』
インタビュー・テキスト
野路千晶
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽

風光明媚な太平洋の海浜部と豊かな山に囲まれ、古くから日本の経済と近代化を支えてきた茨城県北地域。科学や先端技術とも深い関わりのあるこのエリアで9月17日から11月20日まで、『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』が初開催される。芸術祭ラッシュといえるほどに多種多様な芸術祭が開催される2016年秋、『KENPOKU ART』では、広大な自然を舞台に、国内外約80組のアーティストがアートと科学・技術の実験を行ない、最先端の表現を鑑賞できる場となる。

本芸術祭で総合ディレクターを務める南條史生、そして、最新のテクノロジーを使用したアート作品を発表と研究を行ない、「現代の魔法使い」とも称される落合陽一の二人に、今回の芸術祭の魅力、テクノロジーとアートの関係、そして、未来の都市や人のあり方について話を聞いた。

テクノロジーを使っているとアートじゃないってたまに言われます。現代美術から嫌われてるんです、僕(笑)。(落合)

―落合さんは、今回の『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』(以下、『KENPOKU』)でどのような作品を出品されるのでしょうか?

落合:シャボン玉の皮膜に蝶々の姿を映し出す『コロイドディスプレイ』や、飛翔するシャボン玉を単光源で照らす『モナドロジー』、新作の『幽体の囁き』など数点を展示します。いろいろな制約により美術館では展示できない作品を今回は出品するので、ぜひ見てほしいですね。会場となる廃校の雰囲気もとても素晴らしいので。

落合陽一『コロイドディスプレイ』(2012 / 2016)
落合陽一『コロイドディスプレイ』(2012 / 2016)

―『KENPOKU』では、落合さんのように芸術祭に初参加するアーティストが多いのも特徴的です。

南條:国内の芸術祭に過去2年間のあいだに参加した人は選考からなるべく外すようにしました。あとは、「この場所にこの作品を置くといいだろう」の発想で、その場に合わせたサイトスペシフィックな作品を作るアーティストを選んでいます。

南條史生
南條史生

―それは、南條さんが以前アーティスティック・ディレクターを務められた『横浜トリエンナーレ』など、従来の芸術祭とは異なりますね。

南條:2001年の『横浜トリエンナーレ』は、「国際的な現代美術を日本で紹介したい」という段階だった。だから現代美術の有名な人を連れてきて、ひとつの会場でずらっと本物を見せましょうと。

―美術館で開催する展覧会の延長線上にあるものですね。

南條:今は地方でいろいろな芸術祭が行なわれてきて、2008年頃の発想からはかなり隔たっていると思う。具体的には、ひとつの大きな展覧会ではなく、現地の建物や場所を使って、地域の各所に作品を分散させるイメージに変化してきています。だから知名度ではなく、ユニークなことのできるアーティストを紹介したかったんです。

―落合さんを出品作家の一人として選ばれたのも、そういった理由だったのでしょうか? 芸術祭のキービジュアルにも落合さんの『コロイドディスプレイ』が使用されています。

南條:そう。これまでの現代美術業界では、テクノロジーを使ったアートは特殊にとらえられて、脇に置いて箱に入れるみたいな扱われ方をしていた。

落合:テクノロジーを使っているとアートじゃないってたまに言われます。現代美術から嫌われてるんです、僕(笑)。真新しいテクノロジーに目がいってる間は芸術ではないというような考え方、テクノロジー自体を更新することを芸術に含ませないような「冷めた見方」ってあるじゃないですか。そこの人にいろいろ言われることは多かったですね。

落合陽一
落合陽一

南條:でも、これからのアートの新しい道はどこにあるかっていうと、新しい技術や科学、あとは異国の文化だと思うんです。だから、先進的な技術を積極的に取り入れる落合さんの作品はキービジュアルにぴったりだった。

テクノロジー側にはもう、ある程度無駄なことをやるぐらいの余裕がある。だから人間性や心のためにそれらを使ってもいいんじゃないか。(落合)

―ここで少し落合さんとアートの関わりをお伺いしてみたいのですが、落合さんはなぜ、最新のテクノロジーを使うことによって、あえてアート作品を制作されるのでしょうか?

落合:あえて、ってことじゃないなぁ。僕の活動はそもそも渾然一体で、「使ってる」というか、テクノロジーを「作りながら」人間性を探求しているんですけどね、工学部の大学教員だし。でもこれ、実はそんなに難しい話じゃなくて。まずテクノロジーによって、もうこれ以上、現代社会は便利な方向にいかなくてもいいんじゃないかっていうくらいに、ある程度の水準までは今便利になったと思うんですよ。なので、利便性や生活の変化以外でのテクノロジーの利用方法があり得ると思うんです。つまりそういった美やメディアに関する探求活動を許容できるようになった。

―そうですね。

落合:それをなんと呼ぶかというと多分「アート」なんです。コンテンツのみならず、メディアを探求するアート。テクノロジーによって、新しい現象や本当にきれいなものを生み出して、これまでの見方が変わってしまうようなものを作りたい。インターネットとハードウェアのコモディティ化のおかげで、今、テクノロジー側にはある程度無駄なことをやるぐらいの余裕があるので、人間性や心のためにそれらを使ってもいいんじゃないかなって。

南條:一方でアートの世界では度々「絵画は終わった」と言われてきました。2次元の平面を壊すために表面に何かをくっつけるコラージュ、シェイプドキャンバス(従来の矩形でないキャンバス。1960年にフランク・ステラが個展で用いて広く知られるようになった)、表面を切る、絵画を立体化する試みなど、あらゆることが行なわれてきた。今後は新しい展開を求めて、科学技術の方向に向かうと思う。実際に今は、テクノロジーを使用した作品がだんだんと売れるようにさえ、なってきてるんですよね。

―「メディアアート作品は売れない」というひとつの定説が覆されているんですね。

南條:美術館ならまだしも、個人が購入する時代になっている。

落合:メディアアートはアートか? とかアートの定義は? っていう議論は手を動かさない評論家の暇つぶしになってしまった。先日までお台場で開催されていた『DMM.プラネッツ Art by teamLab』の人気が象徴的だと思うんですけど、今年は多分、テクノロジーとアートというのは不可分だっていうのを認めないといけない転換点になるかもしれないですね。

南條:そうですね。今回の『KENPOKU』では、そうしたテクノロジーを使用した作品と場所がすごくハマっている。茨城県内ではこれまで『科学万博−つくば'85』も開催されて、研究施設もたくさんあるし、日立周辺の発展は明治以後の日本の近代化を支えてきた。そこで科学技術を使ったアートを展示するっていうのはすごく自然な状態だと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』

2016年9月17日(土)~11月20日(日)
会場:茨城県 日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町内の各会場

プロフィール

南條史生(なんじょう ふみお)

1949年東京都生まれ。1972年慶應義塾大学経済学部、1976年文学部哲学科美学美術史学専攻卒業。国際交流基金、森美術館副館長などを経て2006年11月より森美術館館長を務める。1997年ヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、1998年台北ビエンナーレ コミッショナー、ターナー賞(英国)審査委員、2000年シドニー・ビエンナーレ国際選考委員、ハノーバー国際博覧会日本館展示専門家、2001年横浜トリエンナーレ2001アーティスティック・ディレクター、2002年サンパウロ・ビエンナーレ東京部門キュレーター、2005年ヴェネチア・ビエンナーレ金獅子賞国別展示審査員、2006年及び2008年シンガポールビエンナーレ アーティスティック・ディレクター等を歴任。2007年、これまでの美術を通じた国際交流の功績に対し外務大臣表彰を受賞。

落合陽一(おちあい よういち)

1987年東京都生まれ。メディアアーティスト、博士(学際情報学)。2015年東京大学大学院博士課程を短縮修了して現職。筑波大学助教・デジタルネイチャー研究室主宰、VRC理事、社団未踏理事。映像と物質の境界線を探求しメディアアート表現を行う一方、マテリアルリサーチ、ディスプレイ、ロボティクス、ヒューマンコンピュテーションを融合させた世界観であるデジタルネイチャーに向かい研究を続ける。2015年、World Technology Networkより「World Technology Award」を受賞、2016年、Ars Electronica より「Prix Ars Electronica Honorary Mention」、EUより「Starts Prize」を受賞。情報処理推進機構よりスーパークリエータ/天才プログラマー認定を受けるなど受賞歴多数。講演活動や研究のアウトリーチ活動に加え、企業・アーティストとのコラボレーション作品を発表し、国内外で注目を集めている。芸術祭では常陸大宮市・旧美和中学校で《コロイドディスプレイ》を含む複数の作品を展示。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)