ニュース

ポラロイドフィルム存続のための署名募集ウェブサイト『ポラロイドフィルムForever』

デジタルカメラの需要が高まり、インスタントフィルムの市場が縮小される中、ポラロイド社からのインスタントフィルムの生産終了の発表は、ポラロイドファンの記憶にまだ新しいのではないだろうか。

鮮やかでありながらノスタルジックさも漂う独特の発色で、多くの支持を集めるポラロイドカメラが、事実上使えなくなってしまうことを意味するこの発表で、多くのファンが肩を落としたはずだ。

そんな中、インスタントフィルムの存続活動のひとつとして署名を募集するウェブサイト『ポラロイドフィルムForever』が4月7日にオープンした。

同サイトはウェブ上で「日本ポラロイド株式会社にオランダ工場(モノシートタイプ製造)の早期移譲・売却」と「株式会社DNPフォトマーケティングへのポラロイド社オランダ工場の買収も視野に入れた代替品供給」の要望のための署名を募集。署名募集期間の終了後に署名文書を日本ポラロイド株式会社と株式会社DNPフォトマーケティングの2社に提出する予定となっている。

縮小し続けるアナログカメラ業界だが、07年のAGFAフィルムのように熱い要望に応えて復活した例もあるだけに、ポラロイドフィルムについてもまだ模索するべき道はあるはずだ。愛用者は是非、ウェブサイトをチェックしてほしい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)