ニュース

早稲田文学主催「10時間連続公開シンポジウム」に東浩紀、宇野常寛、佐々木敦ら参加

早稲田文学が主催する10時間連続公開シンポジウム『文芸批評と小説あるいはメディアの現在から未来をめぐって』が、10月19日(日)に早稲田大学国際会議場にて開催される。

出演者には、東浩紀、宇野常寛、大森望、佐々木敦、千野帽子、豊崎由美、中森明夫、前田塁(+市川真人)、池田雄一、新城カズマ、福田和也、渡部直己らが参加。

プログラムは5ポッドに分かれており、それぞれパネリストが入れ替わるほか、休憩時間にはエクストラ・プログラム開催の可能性もあるとのこと。予約・申し込みは不要。なお、このシンポジウムの内容は2008年秋刊行予定の『早稲田文学2』に掲載される予定となっている。

『十時間連続公開シンポジウム』
文芸批評と小説あるいはメディアの現在から未来をめぐって
2008年10月19日(日)10:30~20:30
会場:早稲田大学国際会議場(井深大記念ホール)

出演:
東浩紀
池田雄一
宇野常寛
大森望
佐々木敦
新城カズマ
千野帽子
豊崎由美
中森明夫
福田和也
前田塁(+市川真人)
芳川泰久
渡部直己

プログラム
ポッド1 10:30~12:15
「文芸メディアの現在――批評的メディアはどうありうるか」
パネリスト:
東浩紀
宇野常寛
佐々木敦
中森明夫
山本充
前田塁+

ポッド2 12:30~14:15
「日本小説の現在――現在時の日本小説をめぐって」
パネリスト:
東浩紀
渡部直己
池田雄一
新城カズマ
大森望
前田塁+

休憩 14:25~15:00
(エクストラ・プログラムの場合あり)

ポッド3 15:10~16:55
「文芸批評の今日的役割について」
パネリスト:
東浩紀
宇野常寛
福田和也(予定)
前田塁+

ポッド4 17:10~18:55
「読者と小説――批評と書評、文学賞」
パネリスト:
東浩紀
千野帽子
豊崎由美
芳川泰久
中森明夫
前田塁+

休憩 19:05~19:40
(エクストラ・プログラムの場合あり)

ポッド5 19:50~20:30
「総論」(または時間調整)

料金:無料
予約:不要

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)