まずはココから

いま、読みどころ

現代ファッションとその周辺文化を鋭く批評する書籍『ファッションは語りはじめた』

2011/09/01 20:09

イメージ

画像を拡大する

ファッションの在り方を批評する書籍『ファッションは語りはじめた 現代日本のファッション批評』が、8月24日に刊行された。

同書には、ファッションの在り方について問題意識を持つ書き手やクリエイターがジャンルを越えて寄稿。ブランド、ファッション写真、様々なファッションムーブメント、身体などを対象に、鋭い分析を行っている。編集は、ファッション情報サイト「high fashion ONLINE」のチーフエディターを務める西谷真理子が担当。

掲載内容は、批評家の千葉雅也と服飾文化研究者の蘆田裕史による対談や、A BATHING APEやアンダーカバー論などを分析する日本のファッションブランド論。さらに、芸術祭「スペクタクル」シリーズの運営に関わるドリフターズ・インターナショナルによるファッション研究座談会、ストリートやサブカルチャーから生まれたファッションの流れやムーブメントを黒瀬陽平(カオス*ラウンジ)らが読み解く論考などが掲載されている。

また、『ACROSS』編集部による『ストリートカルチャー&ファッション年表 1989‒2011』も収録されており、ファッション界の変革を社会の動きと同時に俯瞰することが出来るだろう。

『ファッションは語りはじめた 現代日本のファッション批評』

2011年8月24日発売
編集:西谷真理子
著者:蘆田裕史、千葉雅也、鈴木親、林央子、井伊あかり、黒瀬陽平、田村有紀、高野公三子、藤原徹平、金森香、中村茜、川田十夢、神田恵介、山縣良和、他
価格:2,310円(税込)
発行:フィルムアート社

amazonで購入する

この記事に関するFacebookコメント