ニュース

杉本博司の素顔と創造性に迫るドキュメンタリー映画、安藤忠雄、野村萬斎らも出演

現代美術家・杉本博司の素顔と創造性に迫るドキュメンタリー映画『はじまりの記憶 杉本博司』が、3月31日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開される。

1948年に東京で生まれた杉本は、1974年からニューヨークへ移住。自然史博物館のジオラマを撮影した『ジオラマ』シリーズや、全米の映画館などで撮影した『劇場』シリーズ、世界各地の海を同じ手法で撮影した『海景』シリーズなどの代表作で知られ、2009年には『高松宮記念世界文化賞』を受賞している。また、作品がメトロポリタン美術館、テートギャラリー、ポンピドゥーセンター、東京国立近代美術館といった多数の美術館に所蔵されるなど、世界的にも高い評価を得ている。

『はじまりの記憶 杉本博司』は、2010年12月にWOWOWで放送され、『国際エミー賞』のアート部門にもノミネートされた『ノンフィクションW「はじまりの記憶 現代美術作家・杉本博司」』に、ほぼ倍の長さの撮り下ろし映像を加えた劇場作品。杉本の国内外での制作発表の現場に密着し、古の美学を愛すると共に極めて現代的といえる作家の人生と、その視線の先にあるものに迫る。

監督は、塚本晋也監督の現場で学んだ後、森本千絵のテレビドキュメンタリーなどを手掛けている中村佑子。ナレーションを寺島しのぶ、音楽を渋谷慶一郎が担当。さらに、安藤忠雄(建築家)、李禹煥(現代美術家)、野村萬斎(狂言師)、浅田彰(批評家)など、縁のある出演者が杉本の人物像を浮かび上がらせる。

なお、公開日となる3月31日からは東京・品川の原美術館で展覧会も開催される予定だ。

『はじまりの記憶 杉本博司』

2012年3月31日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムにてレイトロードショー
監督:中村佑子
ナレーション:寺島しのぶ
音楽:渋谷慶一郎
出演:
杉本博司
安藤忠雄
李禹煥
野村萬斎
浅田彰
配給・宣伝:Playtime

(画像:©はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW)

『はじまりの記憶 杉本博司』©はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW
『はじまりの記憶 杉本博司』©はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW
『はじまりの記憶 杉本博司』©はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW
『はじまりの記憶 杉本博司』©はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW
『はじまりの記憶 杉本博司』©はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW
『はじまりの記憶 杉本博司』©はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW
『はじまりの記憶 杉本博司』©はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW
『はじまりの記憶 杉本博司』©はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)