ニュース

アートと音楽のカルチャーイベント『SNIFF OUT 2013』、出展作家も続々発表

アートと音楽のカルチャーイベント『SNIFF OUT 2013』が、大阪・インテックス大阪5号館で7月20日と7月21日に開催される。

今回が初開催となる同イベントは、現代アートと音楽の融合を主軸に、世界を舞台に活躍するアーティストやアートギャラリーを紹介。また、新たなアーティストを発掘する公募制のアートアワードや音楽フェスティバルも開催される。

アートアワードの審査員は、山本豊津(東京画廊+BTAP)、山本裕子(山本現代)、谷口純弘(DMO ARTS)、ヤノベケンジ(アーティスト)、金島隆弘(アートフェア東京エグゼクティブディレクター)、石橋圭吾(neutron代表、『ART KYOTO』実行委員)の6人。応募要項などは『SNIFF OUT 2013』のオフィシャルサイトで確認しよう。また、アートフェスティバル出展予定アーティストには、ヤノベケンジ、Chim↑Pom、宇川直宏、西野達、高木正勝、淀川テクニック、横山裕一などが名を連ねている。

出展ギャラリーとしては、東京画廊+BTAP、山本現代、アラタニウラノ、無人島プロダクション、DMO ARTS、hpgrp GALLERY TOKYO、ユカリアートのほか、多数の現代アートギャラリーが参加。なお、音楽フェスティバルの出演者は2月以降に発表される。

『SNIFF OUT 2013』

2013年7月20日(土)、7月21日(日)
会場:大阪府 インテックス大阪5号館
時間:13:00~20:00(予定)
料金:共通1日券5,500円 共通2日券10,000円 アート券1,500円

『SNIFF OUT 2013 ART FESTIVAL』
応募期間:2013年1月15日(火)~2月28日(木)
審査員:
山本豊津(東京画廊+BTAP)
山本裕子(山本現代)
谷口純弘(DMO ARTS)
ヤノベケンジ(アーティスト)
金島隆弘(アートフェア東京エグゼクティブディレクター)
石橋圭吾(neutron代表、『ART KYOTO』実行委員)

『SNIFF OUT 2013』ロゴ
『SNIFF OUT 2013』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)