ニュース

『時をかける少女』が初の舞台化、キャラメルボックス新作公演にD-BOYS池岡亮介ら

キャラメルボックスの新作公演『時をかける少女』が、7月28日から東京・池袋のサンシャイン劇場、8月20日から大阪・サンケイホールブリーゼで上演される。

筒井康隆による同名小説をもとにした同作。原作のストーリーから32年後を舞台に、小説版の主人公・芳山和子の姪である高校2年生の尾道真夏の物語を通して、小説の「その後」を描く。あらすじは、病気で倒れた和子の看病のために札幌から東京に来た真夏が、和子の勤める大学で起こった爆発事故をきっかけに、幼なじみの竹原輝彦と共にタイムリープの能力を手に入れる、というもの。

脚本と演出を手掛けるのは、キャラメルボックス設立メンバーのひとりである成井豊。キャストには木村玲衣ら劇団員に加え、客演の近江谷太朗、池岡亮介(D-BOYS)が名を連ねている。なお、『時をかける少女』を原作にした舞台作品が上演されるのは今回が初とのこと。舞台化にあたって成井は、筒井の了承のもとで「その後」の物語を執筆したという。チケット予約の受付は5月16日10:00からスタートする。

成井豊のコメント

キャラメルボックス創立30周年記念公演の第三弾は、『時をかける少女』。実は製作総指揮の加藤昌史から「せっかく30周年なんだから、成井さんが本当に好きなものを舞台化してください」と言われ、「だったらこれしかない」と選んだのがこの物語。僕は1983年に作られた、原田知世さん主演の映画『時をかける少女』が大好きなのです。今回は原作の小説の作者である筒井康隆さんのご了承をいただき、この物語のその後を描きます。17歳の少女が経験する一夏の冒険。ご期待ください。

イベント情報

キャラメルボックス30th vol. 3
『時をかける少女』

脚本:成井豊
演出:成井豊、真柴あずき
原作:筒井康隆『時をかける少女』(角川文庫)
出演:
木村玲衣
西川浩幸
坂口理恵
岡田さつき
前田綾
大内厚雄
三浦剛
筒井俊作
左東広之
鍛治本大樹
金城あさみ
毛塚陽介
関根翔太
近江谷太朗
池岡亮介
※毛塚陽介と関根翔太はダブルキャスト

東京公演
2015年7月28日(火)~8月9日(日)全18公演
会場:東京都 池袋 サンシャイン劇場
料金:
平日 S席7,000円 A席5,500円
土日 7,000円
ユースチケット4,000円 小中高生シート1,000円 60歳以上4,000円

大阪公演
2015年8月20日(木)~8月24日(月)全6公演
会場:大阪府 サンケイホールブリーゼ
料金:一般7,000円 ユースチケット4,000円 小中高生シート1,000円 60歳以上4,000円

左から池岡亮介、木村玲衣、西川浩幸
左から池岡亮介、木村玲衣、西川浩幸
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)