ニュース

すぎむらしんいち『ホテル・カルフォリニア』舞台化、主演は福士誠治

すぎむらしんいちの漫画『ホテル・カルフォリニア』が舞台化。2016年2月4日から東京・新宿の紀伊國屋ホールで上演される。

『右向け左!』やリチャード・ウー脚本の『ディアスポリス 異邦警察』、松尾スズキ原作の『老人賭博』などの漫画で知られるすぎむらによる『ホテル・カルフォリニア』は、北海道の山奥にある開業を間近に控えたリゾートホテルが舞台。土砂崩れと社長の失踪によって外界から孤立したホテルで、従業員たちが奇妙な共同生活を始める様を描いたアクションギャグ漫画だ。

舞台版の主演を務めるのは、『THE NEXT GENERATION パトレイバー』『のだめカンタービレ』などの福士誠治。脚本と演出は演出助手として大人計画の作品に数多く参加している大堀光威が担当する。チケット情報などの詳細は後日発表される。

イベント情報

『ホテル・カルフォリニア~HOTEL CALFORINIA~』

2016年2月4日(木)~2月14日(日)
会場:東京都 新宿 紀伊國屋ホール
脚本・演出:大堀光威
原作:すぎむらしんいち『ホテル・カルフォリニア』(講談社)
出演:
福士誠治
ほか

『ホテル・カルフォリニア~HOTEL CALFORINIA~』ビジュアル ©すぎむらしんいち/講談社
『ホテル・カルフォリニア~HOTEL CALFORINIA~』ビジュアル ©すぎむらしんいち/講談社
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)