ニュース

高次脳機能障害と生きるGOMA、事故後の軌跡を振り返る著書刊行

GOMA
GOMA

GOMAの著書『失った記憶。ひかりはじめた僕の世界』が、7月末に刊行される。

2009年に首都高速で追突事故に遭い、高次脳機能障害に陥ったディジュリドゥ奏者のGOMA。記憶の一部が消えるだけでなく新しいことも覚えづらくなるという症状と戦いながら創作活動を行なっている。

約6年半におよぶGOMAの軌跡を振り返る同書には、GOMAが生きるために綴ったという日記を収録。さらに事故後からGOMAが描き出した点描画、家族の日記などを掲載する。

なお同書の刊行を記念するイベントが各地で開催。ライブやサイン会、GOMAのドキュメンタリー映画『フラッシュバックメモリーズ3D』の上映会、トークショーなどが予定されている。詳細はGOMAのオフィシャルサイトで確認しよう。

書籍情報

『失った記憶。ひかりはじめた僕の世界』

2016年7月末発売
著者:GOMA
価格:1,728円(税込)
発行:中央法規出版

amazonで購入する

GOMA & The Jungle Rhythm Section
GOMA & The Jungle Rhythm Section
GOMA『失った記憶。ひかりはじめた僕の世界』表紙
GOMA『失った記憶。ひかりはじめた僕の世界』表紙
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)