ニュース

身体を再考する『BODY/PLAY/POLITICS』展にアピチャッポンら6作家

アピチャッポン・ウィーラセタクン『炎(扇風機)』2016年、シングル・チャンネル・ビデオ・インスタレーション Courtesy of Apichatpong Weerasethakul Apichatpong Weerasethakul, Fireworks (Fans), 2016 Courtesy of Apichatpong Weerasethakul
アピチャッポン・ウィーラセタクン『炎(扇風機)』2016年、シングル・チャンネル・ビデオ・インスタレーション Courtesy of Apichatpong Weerasethakul Apichatpong Weerasethakul, Fireworks (Fans), 2016 Courtesy of Apichatpong Weerasethakul

展覧会『BODY/PLAY/POLITICS』が、10月1日から神奈川・横浜美術館で開催される。

国内外6人のアーティストが、身体にまつわる映像インスタレーションや写真作品などを発表する同展。それぞれ異なった身体を持つ人々が暮らすこの世界を、美術から再考する試みになるという。

出品作家には、インカ・ショニバレMBE、イー・イラン、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ウダム・チャン・グエン、石川竜一、田村友一郎の6組が名を連ねている。

なお、会期中にはライブパフォーマンスや、ダンスのワークショップなども予定されている。同テーマの連携プロジェクト『横浜ダンスコレクション2017』も2017年1月から開催。

イベント情報

『BODY/PLAY/POLITICS』

2016年10月1日(土)~12月14日(水)
会場:神奈川県 横浜美術館

時間:10:00~18:00(10月29日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:木曜(11月3日は無料開館)、11月4日
出展作家:
インカ・ショニバレMBE
イー・イラン
アピチャッポン・ウィーラセタクン
ウダム・チャン・グエン
石川竜一
田村友一郎
料金:一般1,500円 大・高校生1,000円 中学生600円
※小学生以下無料

インカ・ショニバレMBE『さようなら、過ぎ去った日々よ』2011年、シングル・チャンネル・ビデオ Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York Yinka Shonibare MBE, Addio del Passato, 2011 Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York
インカ・ショニバレMBE『さようなら、過ぎ去った日々よ』2011年、シングル・チャンネル・ビデオ Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York Yinka Shonibare MBE, Addio del Passato, 2011 Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York
イー・イラン『サンタイ』2016年、ジクレー・プリント、106×205cm ©Yee I-Lann Yee I-Lann, Santai, 2016 ©Yee I-Lann
イー・イラン『サンタイ』2016年、ジクレー・プリント、106×205cm ©Yee I-Lann Yee I-Lann, Santai, 2016 ©Yee I-Lann
ウダム・チャン・グエン『ヘビの尻尾』より(部分)2015年、ビデオ・インスタレーション(3面) Courtesy of the artist. UuDam Tran Nguyen, from Serpents' Tails, 2015 ©UuDam Tran Nguyen. Courtesy of the artist.
ウダム・チャン・グエン『ヘビの尻尾』より(部分)2015年、ビデオ・インスタレーション(3面) Courtesy of the artist. UuDam Tran Nguyen, from Serpents' Tails, 2015 ©UuDam Tran Nguyen. Courtesy of the artist.
石川竜一『浦添、グッピーの手』2016年、インクジェット・プリント ©Ryuichi Ishikawa Ishikawa Ryuichi, Urasoe, The Hand of Guppy, 2016 ©Ryuichi Ishikawa
石川竜一『浦添、グッピーの手』2016年、インクジェット・プリント ©Ryuichi Ishikawa Ishikawa Ryuichi, Urasoe, The Hand of Guppy, 2016 ©Ryuichi Ishikawa
田村友一郎『裏切りの海』より、2016年 Tamura Yuichiro, from Milky Bay, 2016
田村友一郎『裏切りの海』より、2016年 Tamura Yuichiro, from Milky Bay, 2016
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)