ニュース

『ピュリツァー賞』を受賞した澤田教一の展覧会『澤田教一:故郷と戦場』

『生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場』展メインビジュアル
『生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場』展メインビジュアル

写真展『生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場』が、10月8日から青森・青森県立美術館で開催される。

今年で生誕80周年を迎える報道写真家・澤田教一。1966年に『安全への逃避』を含むベトナム戦争を捉えた一連の写真で『ピュリツァー賞』を受賞した。1970年のカンボジア取材中にプノンペン近郊で銃殺され、34歳で逝去。翌年カンボジアを取材した一連の写真で『ロバート・キャパ賞』を受賞している。

撮影地別に分けて、故郷の青森、ベトナム、カンボジアの3つのパートで構成される同展。未公開作品約100点を含む写真作品約230点に加えて、電送写真原稿やポートレート写真、手帖、書簡、軍用ヘルメット、ニュース映像といった資料約120点を紹介する。

会期中には講演会や、澤田の妻・澤田サタを招いた映画上映会など関連イベントを多数予定しているほか、漫画家・西島大介が描き下ろした漫画『澤田教一と行くベトナム戦争史』のリーフレットを無料配布。詳細は青森県立美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

戦地での澤田教一
戦地での澤田教一
澤田教一作品 カンボジア国境付近 1966年
澤田教一作品 カンボジア国境付近 1966年
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)