ニュース

『花椿』紙版が新装刊、0号にみうらじゅん、Chara、松田龍平ら

『花椿』新装刊0号が11月1日から無料配布される。

1937年に創刊された資生堂の企業文化誌『花椿』。2015年12月号をもって月刊誌としての刊行を終了し、今年6月にウェブ版がリニューアルオープンしていた。今回パイロット版の0号が刊行される紙版は、季刊誌として全面リニューアル。毎号1つのテーマを掲げて特集を組んでいくという。

0号では「タッチ」をテーマに「触覚」に着目。ペトラ・コリンズによるフォトストーリーや、最新の皮膚科学研究を用いたコラム、みうらじゅん、珠寶、MAPPY、佐藤栞里、森岡督行が触れて心地良いものを紹介するインタビュー記事を掲載する。

さらに最果タヒ、原田マハと百合佐和子、チャーリー・エングマン、Charaによる連載がスタート。Charaが架空のバーのママに扮する対談連載『サロン・ド・バー花椿』では、第1話のゲストとして松田龍平が登場する。また寺尾紗穂の文章によるウェブ連動記事『銀座時空散歩』では、東出昌大が演じる「洒落男」を大森克己が撮影。柴田元幸の新訳によるウィリアム・サローヤンの短編『心が高地にある男』も収録される。

なおパイロット版は東京・銀座の資生堂ギャラリー、資生堂パーラー、SHISEIDO THE GINZAや静岡・掛川の資生堂企業資料館などの資生堂関連施設で配布。今後は2017年から4月、7月、10月、1月に発行される。

『花椿』新装刊0号表紙
『花椿』新装刊0号表紙
『花椿』新装刊0号表紙
『花椿』新装刊0号表紙
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)