ニュース

スガダイローVSジェイソン・モラン、NYスタインウェイ工場で即興対決

音楽イベント『BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLDWIDE VERSUS I』が、12月17日にアメリカ・ニューヨークのスタインウェイ・アンド・サンズ工場で開催される。

2組の音楽家が即興的に音楽を奏であうプロジェクト『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS』。2006年からCDやDVDのリリース、ライブ公演を行ない、これまでに坂本龍一をはじめ、大友良英、いとうせいこう、Shing02、DJ KENTARO、渋谷慶一郎、高木正勝、GOMA、菊地成孔らが参加してきた。

会場を海外に移して日本人の音楽家が世界のミュージシャンに挑む新企画『BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLDWIDE VERSUS』。第1回目の開催となる今回は1853年にニューヨークで設立されたピアノ製造会社スタインウェイ・アンド・サンズの工場を会場に、ジャズピアニストのスガダイローがジャズピアニストのジェイソン・モランと共に「即興対決」を行なう。

現在限定100人を対象にしたチケット先行予約をオフィシャルサイトで受付中。またクラウドファンディングサイト「A-port」では、同公演の模様を記録するための資金を募集している。さらに12月1日から東京・六本木のTSUTAYA TOKYO ROPPONGIに『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS』の特設コーナーが展開。パネル展示や映像の上映などに加え、トークやライブも行なう予定だ。

『BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLDWIDE VERSUS I』メインビジュアル ©Christopher Payne / Esto
『BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLDWIDE VERSUS I』メインビジュアル ©Christopher Payne / Esto
スガダイロー
スガダイロー
ジェイソン・モラン
ジェイソン・モラン
スタインウェイ・アンド・サンズ工場
スタインウェイ・アンド・サンズ工場
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)