ニュース

人間椅子・和嶋慎治の初自伝『屈折くん』、みうらじゅんとの対談も掲載

和嶋慎治(人間椅子)の自伝『屈折くん』が2月1日に刊行される。

和嶋にとって初の自伝となる同書では、家族に溺愛された幼少期やギターを猛練習した中学時代から、人間椅子のメンバーとの出会い、『三宅裕司のいかすバンド天国』での栄光と挫折、音楽で生活していけるようになった現在まで、自身の人生が綴られている。またみうらじゅんや、同郷の青森・弘前出身で同じ高校の卒業生であるじろう(シソンヌ)との対談も掲載される。

発売に先駆けて、1月27日まで同書の特典付き200セット限定版の予約を受付。アマチュア時代の未発表曲や、和嶋の作詞作曲ノートのスキャンデータなどを収めたCD-R、復刻版のギターピック、和嶋が考案したキャラクター「屈折くん」のステッカーとバッジセットが付属する。

和嶋慎治『屈折くん』表紙
和嶋慎治『屈折くん』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)