ニュース

『赤塚不二夫祭』に多彩出し物、出演者に宇川直宏、山下洋輔、谷川俊太郎ら

ライブイベント『赤塚不二夫祭“これでいいのだ!!”』が、3月25日に東京・渋谷区総合文化センター大和田 さくらホールで開催される。

赤塚不二夫の生誕81年を記念した同イベント。当日は赤塚が好んだミュージカル映画やチャールズ・チャップリンの映画音楽の特集、担当編集者のトーク、赤塚に捧げる歌、「赤塚ワールド」を表現したコント、朗読など様々な企画が予定されている。

出演予定者は山下洋輔、中村誠一、村上“ポンタ”秀一、五木田智央、宇川直宏、篠原勝之、山本晋也、安齋肇、しりあがり寿、ワハハ本舗、青島美幸、嵐山光三郎、五十嵐隆夫、大野方栄、海堀弘太、研ナオコ、坂田明、ジム・オルーク、滝大作、武居俊樹、谷川俊太郎、喰始、南伸坊、山本達久、ROLLYほか。なお谷川は録音での参加となっている。チケットの一般販売は1月27日からスタート。

『赤塚不二夫祭“これでいいのだ!!”』チラシビジュアル表 ©赤塚不二夫
『赤塚不二夫祭“これでいいのだ!!”』チラシビジュアル表 ©赤塚不二夫
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)