ニュース

「十万年後の未来人が纏う衣」を描く KYOTARO新作個展に約90点

KYOTAROの個展『Clad in the Universe―宇宙を纏う』が、2月24日から東京・渋谷のDIESEL ART GALLERYで開催される。

KYOTAROは東京と京都を拠点に活動するアーティスト。主に鉛筆を用いたドローイング、ペインティング、漫画、アニメーションなどを制作し、国内外で個展を開催するほか、書籍の挿画などを手掛けている。2015年には飯沢耕太郎との共著による絵本『きのこの国のアリス』を刊行した。

『Clad in the Universe―宇宙を纏う』ではドローイングを中心に、大型作品13点、小作品80点以上を展示。作品は「10万年後の世界で、未来人がまとう衣」をテーマに制作され、液体や光でできた衣や、通信機能が備わった衣などが描かれるという。

会場では展示作品に加え、オリジナルグッズも販売。会期中の4月28日にはサイン会の開催も予定している。

※記事掲載時から出展作品数が変更になりました。

KYOTARO作品 ©KYOTARO
KYOTARO作品 ©KYOTARO
KYOTARO作品 ©KYOTARO
KYOTARO作品 ©KYOTARO
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)