ニュース

Clarkが人間の声取り入れた新作『DEATH PEAK』 収録曲の音源公開

Clark『DEATH PEAK』ジャケット
Clark『DEATH PEAK』ジャケット

Clarkのニューアルバム『DEATH PEAK』が4月7日にリリースされる。

2001年のデビュー以来Warp Recordsでの活動を継続しているClark。近年は舞台音楽やオーケストラへの楽曲提供を行なっているほか、昨年3月に自身が音楽を手掛けるテレビドラマシリーズ『The Last Panthers』のサウンドトラックをリリースした。

『DEATH PEAK』は約2年半ぶりのオリジナルアルバム。新たな試みとして、ほぼ全ての楽曲に人間の声を取り入れて制作したという。同作の日本盤にはボーナストラック“Licht (Pink Strobe Version)”を含む10曲が収められる。現在、収録曲“Peak Magnetic”のフル試聴音源がSoundCloudで公開されている。

なおClarkは、昨年8月から構想していたという同作のタイトルについて、「完璧だと思ったよ。まるで呪文のように『デス・ピーク、デス・ピーク、デス・ピーク』と繰り返していた。この山の出発地点は、穏やかに蝶の舞う牧草地が広がっている。でも最後には危険でおそろしい頂にたどり着き、あらゆるものが壊れた光景を眼下に見渡すことになるんだ」と明かしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)