ニュース

『TOKYO MUSIC ODYSSEY』続報 真鍋大度×MIKIKOらがトークに登場

『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017 SHIBUYA POP UP STUDIO』出演者一覧
『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017 SHIBUYA POP UP STUDIO』出演者一覧

スペースシャワーTVによる『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』続報が発表された。

昨年に初開催された『TOKYO MUSIC ODYSSEY』。3月2日からライブイベントを中心に番組の放送や配信など、様々なコンテンツが1週間にわたって展開される。

今回発表されたのは、東京・渋谷に登場する「SHIBUYA POP UP STUDIO」内で行なわれる『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017 SHIBUYA POP UP STUDIO』のプログラム。「都市と音楽の未来」をテーマに掲げ、トークセッションやミニイベントなどを実施する。なおSHIBUYA POP UP STUDIOは、通常時はGALLERY X BY PARCOとして使用されている。

3月4日に開催される『クリエイティブ×2020~世界を魅了する、メイドインジャパンのクリエイション~』には真鍋大度とMIKIKO、『音楽×東京 ~クロスオーバーするTOKYOカルチャー~』にはZeebraとオカモトレイジ(OKAMOTO'S)が登壇。同日に行なわれるミニトークとランニングのイベントには金井政人(BIGMAMA)、藤咲彩音(でんぱ組.inc)、三原勇希が出演する。

3月5日に開催されるトーク『気鋭の映像クリエイターが映し出す、都市と音楽の未来』には山田健人が登壇。体の動きで音楽を奏でる楽器ソフト「KAGURA」を使用した同日開催のワークショップにはDJみそしるとMCごはんが登場する。

3月6日にはキッズイベント『スペシャキッズミーティング~音と木のおもちゃで遊ぼう~』を開催。磯部正文(HUSKING BEE)が参加する。

イベント参加は招待制となる。料金は無料。参加応募の抽選受付は2月24日まで実施中だ。

さらに会場には、VR映像作品を体験できるブースを設置。illionとスペースシャワーTVによる『「Told U So」ステーションID』の3DVRバージョンや、『宇多田ヒカル30代はほどほど。』のライブダイジェスト映像の3DVRバージョンが視聴できる。『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017 SHIBUYA POP UP STUDIO』のイベント参加者以外の一般来場者は、3月5日に入場することが可能だ。入場可能時間は『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』のオフィシャルサイトで確認しよう。

『クリエイティブ×2020~世界を魅了する、メイドインジャパンのクリエイション~』イメージビジュアル
『クリエイティブ×2020~世界を魅了する、メイドインジャパンのクリエイション~』イメージビジュアル
『音楽×東京 ~クロスオーバーするTOKYOカルチャー~』イメージビジュアル
『音楽×東京 ~クロスオーバーするTOKYOカルチャー~』イメージビジュアル
『気鋭の映像クリエイターが映し出す、都市と音楽の未来』イメージビジュアル
『気鋭の映像クリエイターが映し出す、都市と音楽の未来』イメージビジュアル
『音楽×ラン ~私のプレイリスト「THE10KM」~』『渋谷を走ろう!TMOラン!』イメージビジュアル
『音楽×ラン ~私のプレイリスト「THE10KM」~』『渋谷を走ろう!TMOラン!』イメージビジュアル
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)