ニュース

『3.11映画祭』に国内外の6プログラム テーマは「見えないものをみる力」

『第4回 3.11映画祭』が、3月11日と12日に東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaで開催される。

毎年、東日本大震災が発生した3月11日前後に開催されている『3.11映画祭』。4回目を迎える今回は「見えないものをみる力」をテーマに据え、映像作品の上映やイベントを実施する。

上映作品には、ドイツ人監督のドリス・デリエによる桃井かおり出演作『フクシマ・モナムール』をはじめ、取材に基づいて「あの日の真実」の再現に挑む『太陽の蓋』や、被災地域の人々を映す記録映画『大地を受け継ぐ』『小さき声のカノン―選択する人々』、自然エネルギーの活用に取り組む人々を訪ねた『日本と再生 光と風のギガワット作戦』、「3.11」をきっかけに集まったNOddIN所属の映像作家による短編映像が並ぶ。

期間中には監督らが登壇するトークイベントをはじめ、3331 Arts Chiyodaの屋上に宿泊する『アーバンキャンプトーキョーVol.5』、様々な団体が展示販売を行なう『三三三市×3.11映画祭マーケット』、防災ワークショップといったイベントも開催。

また『第4回 3.11映画祭』のプレトークイベントが2月27日、アフタートークイベントが3月19日にそれぞれ実施される。詳細は『第4回 3.11映画祭』のオフィシャルサイトをチェックしよう。チケットは現在販売中。

『第4回 3.11映画祭』キービジュアル
『第4回 3.11映画祭』キービジュアル
『フクシマ・モナムール』 ©Matthias Bothor, Majestic
『フクシマ・モナムール』 ©Matthias Bothor, Majestic
『第4回 3.11映画祭』展示ビジュアル
『第4回 3.11映画祭』展示ビジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)