ニュース

スケボーの廃材用いた彫刻作品 アーティスト・Haroshiの個展『GUZO』

Haroshi『GUZO』メインビジュアル ©Haroshi Courtesy of NANZUKA
Haroshi『GUZO』メインビジュアル ©Haroshi Courtesy of NANZUKA

Haroshiの個展『GUZO』が、4月22日から東京・渋谷のNANZUKAで開催される。

東京在住のアーティスト・Haroshi。使い古されたスケートボードの板を素材に、彫刻作品やインスタレーションの制作、ファッションブランド「HUF」とのコラボレーションなどを行なっている。これまでに、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンといった都市で展覧会を開催している。

同展では、積み重ねたスケートボードの廃材から作られた彫刻作品20点以上を展示。また会場にはスケートボードの滑走場をモチーフにしたインスタレーションも設置される。なお、会場内でのスケーティングは禁止となる。

初日の4月22日にはオープニングレセプションを開催。詳細はNANZUKAのオフィシャルサイトをチェックしよう。

Haroshi作品 ©Haroshi Courtesy of NANZUKA
Haroshi作品 ©Haroshi Courtesy of NANZUKA
Haroshi作品 ©Haroshi Courtesy of NANZUKA
Haroshi作品 ©Haroshi Courtesy of NANZUKA
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)