TETSU 今回のテーマは「マーカーでカッコいいタグを書く」ですね。書き方は人それぞれだと思いますけど、今日は僕のスタイルで。まず、「CINRA」って書いてもらってもいいですか。
―― ふつうにでいいですか? C、I、N、R、A。
TETSU これ、グラフィティっぽいですか?
―― ははははは(笑)。ただの汚い字ですねえ。
TETSU ステップを踏んでグラフィティっぽい書き方を覚えましょう。じゃ、そろそろはじめますか。
―― よろしくお願いします!
TETSU さっきは細字で書きましたよね。今度は太字で書いてみてもらえますか。
―― C、I、N、R、A。
TETSU さっきと比べてどうですか?
――  じゃっかんワイルドな感じが出ましたね。
TETSU ですよね。先の角ばったペンを使うと、少し「っぽく」なってくるんですよ。
――  細字の丸いペン先に比べりゃ、こっちのほうが鋭角に近いからか。まさにエッジー!
TETSU 今度は文字をオリジナルの形に変換してみましょう。
――ええ〜っ、そんなこといきなり言われても!
TETSU 難しく考えなくていいですよ。自分がふだん文字を書くときのクセを意識するといいかもしれませんね。
――こんなんでどうすかねえ。
TETSU うん、いい感じですよ!
TETSU 次に文字をちょっと傾けてみましょう。右でも左でもいいですよ。
――文字に動きをつけるということですね。
TETSU 今度はですね、文字どうしを気持ち重ねるんですよ。
――はい、確かにタグってこうかも。
TETSU 今までは文字を均等な大きさに書いてきたじゃないですか。それを大きくしたり小さくしたりとギャップをつけてみましょう。たとえば、最初のCは大きくして、次のIは小さく、Nは飛ばしてRは大きめに……。バランスを考えてね。
あと、大文字と小文字を混ぜてもらうと、よりらしくなります。別に決まりはないので、好きなようにね。

――躍動感が出ましたね!
TETSU もう少し文字数があると、さらにメリハリがつくんですけど。
――こりゃホントすごいわ。
TETSU こうやって変わっていくんです。
TETSU タグの下に線が書いてあることってありますよね。あれ、「セミ」っていうんですけど、いっちゃえば飾りですね。今度はセミをつけてみましょう。
―― ……まさに! 私の想像するタグってこれだ!
TETSU ときどき、矢印が出ているタグとかありますよね。王冠が入ってたりとか。ああいうのもセミです。こういうのがエキサイトしていってワイルドスタイルができた。書いた本人しか読めないです、あれは。
―― そうですよね! よかった。私、読めなくて悩んでたんです。あれ、わざとなんですよね、要は。
TETSU そうそう。はい、これでできました!