赤い公園

あかいこうえん
赤い公園

高校の軽音楽部の先輩後輩として出会い、佐藤、藤本、歌川の3名によるコピーバンドにサポートギターとして津野が加入。そのまま現在に至る。2010年1月結成。東京:立川BABELを拠点に活動を始め、デモ音源「はじめまして」、ミニ・アルバム「ブレーメンとあるく」の2枚の自主制作盤をリリース。2011年10月にはカナダツアー「Next Music from TOKYO vol.3」に参加。2012年2月ミニ・アルバム「透明なのか黒なのか」をEMIミュージック・ジャパンより発売。2012年5月ミニ・アルバム「ランドリーで漂白を」発売。約半年の活動休止を経て、2013年3月1日活動再開を発表。2013年8月14日1st FULL ALBUM「公園デビュー」発売。2014年9月24日2nd FULL ALBUM「猛烈リトミック」発売。2014年 第56回 輝く!日本レコード大賞「優秀アルバム賞」受賞。ガールズバンドらしからぬ圧倒的な演奏力と存在感から、ブレイクが期待されるバンドとして高い評価を受けている。また、作詞・作曲・プロデュースを務める津野の才能がアーティスト・クリエイターから注目を集めており、SMAP「Joy!!」の作詞・作曲等の楽曲提供を行うなど、活動の幅を広げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)