銀杏BOYZ

ぎんなんぼーいず
銀杏BOYZ

2003年1月、GOING STEADYを解散。その後ボーカルの峯田和伸が銀杏BOYZを結成。2003年5月から本格的に活動を開始。峯田はバンド活動の傍ら、映画『アイデン&ティティ』に映画初出演。2013年11月、安孫子真哉、チン中村がバンドを脱退。同年12月、村井守がバンド脱退を発表。2014年1月15日、9年ぶりとなるアルバム『光のなかに立っていてね』と、ライブリミックスアルバム『BEACH』を2枚同時に発売。2016年3月16日、銀杏BOYZ初の公式ライブ映像作品『愛地獄』を発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)