KANA-BOON

かなぶーん
KANA-BOON

谷口鮪(Vo./G.)、古賀隼斗 (G.)、飯田祐馬(Ba.)、小泉貴裕(Dr.)の4人から成る大阪・堺出身のロックバンド。2012年に開催されたキューン20イヤーズオーディションにて4,000組の応募者の中から見事優勝し、恵比寿LIQUIDROOMにてASIAN KUNG-FU GENERATIONのオープニングアクトを務めたことで話題に。そして2013年4月、バンドにとって初の全国流通盤となる1st Mini Album『僕がCDを出したら』をリリースし、活動拠点を東京に移す。その後、2013年9月に1st Single『盛者必衰の理、お断り』でキューンミュージックよりメジャーデビュー。翌月10月に、1st Album『DOPPEL』をリリースし、オリコン3位を記録。11月には、東京は渋谷 CLUB QUATTRO、大阪は心斎橋 BIGCATにてワンマンライブ「僕がステージに立ったら」を開催し、チケットは発売とともに、即日SOLD OUT。2014年5月より彼らにとって初めてとなる、全国9箇所、全12公演にわたる「KANA-BOONのご当地グルメワンマンツアー 2014」を開催。チケットは全公演、即日SOLD OUTした。2014年8月には、大阪・泉大津フェニックスにて凱旋ワンマン、「KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり! in 泉大津フェニックス」を開催。16320人を動員し、大成功した。2015年1月に、2nd Album『TIME』をリリースする。(オフィシャルサイトより)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)