コラム

映画『ブックスマート』 硬直した固定観念を解体する学園コメディ

映画『ブックスマート』 硬直した固定観念を解体する学園コメディ

テキスト
常川拓也
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

エイミーのポストカミングアウトの物語を描いた脚本家の視点

『ブックスマート』の主眼は、ヴァージンの卒業でも人気を得ることでもジョックスを打ち負かすことでもない。「男女逆転版『スーパーバッド 童貞ウォーズ』」とも言われているが、伝統的な意味でその形容が適切なのは、同じセス・ローゲン製作で、プロムの日に処女を失うことを決めた娘とそれを阻止しようとする親たちを描いた『ブロッカーズ』の方だろう。『ブックスマート』も『ブロッカーズ』もボディポジティブなフェミニストを象徴するリゾの曲をフィーチャーしていることが印象的だが、『ブックスマート』はより女性の経験に特化している。

その点で、パーティ中にドラッグを摂取したモリーとエイミーが自分たちを手足の長いプラスチック製の人形のように見てしまう幻覚症状をストップモーションアニメーションで表現した場面はユニークだ。ここでモリーはスリムになった自身の身体を喜ぶのではなく、「比率がおかしい!私のお腹はどこ?」と失われた脂肪を惜しむ。決して彼女はバービー人形のようになることを無意識に夢想しているわけではないのだ。女性の身体に向けられる性差別的な抑圧、ジェンダーバイアスの構造をコミカルに指摘しているのである。

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ©2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ©2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

そしてこの映画は、十代の若者が性的アイデンティティを自覚するカミングアウトの物語から次の章へと駒を進める。エイミーは両親からも支持されるオープンリーゲイである(母親役を女性ふたりの共依存的な関係を描いた1997年の作品『ロミーとミッシェルの場合』のリサ・クドローが演じる)。彼女は自身がゲイであることよりも、同級生の女の子ライアンへ話しかけることの方に気を揉んでいる──性的指向が不明な彼女がプロムでポロシャツを着ていたことをモリーが告げると、エイミーは「ジェンダーの表現と性的指向は別だよ」と切り返す。セクシュアリティを前面に出すのではなく、消極的だった彼女が誰よりも利他的で勇敢になっていく姿を見せながら、その中にそれを織り込んでいくのだ。

本作は、2009年にブラックリスト(映像化されていない優秀な脚本を業界関係者が選出するリスト)入りした草稿が原型となっているが、このときは聡明な女子の友情譚であることは軸にありつつもエイミーがゲイであるという設定はなかったという。2014年頃にこの設定を加えたのは、脚本家として3番目に表記されているスザンナ・フォーゲルである(同時に物語が一晩で進行するよう修正も施した)。自身が本作を監督することも目指しながら、2年かけて本作に取り組んだというほどの彼女の思惑が、このようなポストカミングアウトの視点を生んだと思われる。彼女が手掛けた2014年の映画『Life Partners(原題)』は、ストレートであるフォーゲルとレズビアンの親友ジョニ・レフコヴィッツの長年の関係を反映させたもので、30歳を目前に控えたゲイとストレートの女性ふたりの間に男性の恋人が介入した三角関係の状況を取り上げた映画だった。レズビアンロマンスに進展させるのではなく、あえてプラトニックな友情を探求したウーマンス映画として仕上げていることが、『ブックスマート』へとつながる肝要だと言える。

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ©2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ©2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ©2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

単純な二分法に基づくティーンのカテゴライズは時代遅れ。『ブックスマート』と同時性を持つ青春映画も続々

似たような志向は、1993年生まれの女優ハンナ・マークスが主演と共同脚本を務めた青春映画『Banana Split(原題)』にも感じられる。レズビアン関係を暗喩するスラングを題名にしたこの映画は、従来なら1人の男を巡って憎しみ合っていたであろう元カノと今カノが密接な友情を育む様を描き、ロマンティックコメディの構造を利用して女性同士の非性的なラブストーリーを語る点で、『ブックスマート』や『レディ・バード』と通じる同時代性がある。あるいは保守的な町で高校生活を生き延びるためカップルを偽装するゲイの男女がソウルメイトへと発展する2020年のアイルランド映画『Dating Amber(原題)』もそれらと近いものがあるかもしれない。

『Banana Split』の製作会社「アメリカン・ハイ」が企業理念として掲げるように、現代のティーンコメディは、ジョン・ヒューズが1980年代に作った洗練された形式をアップデートし、今日の高校のR指定な現実を反映させ、様々な背景を持つ多彩な登場人物たちの物語を語ることが要請されているのである。スクールカーストのように硬直した固定観念のもと、単純な二分法でティーンをカテゴライズしてしまっては不誠実で時代遅れなのだ。

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ©2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ©2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

また、近年では、『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』『ダンプリン』『少女ジュリエット』『サム・フリークス』などの映画が、思春期の残酷なルッキズムに晒される中でボディシェイミングの問題を探求したり、それを逆手に取って利用することで旧態依然とした美醜の価値観の押し付けにプロテストを表している。これらは、不器用で冴えない女子が中学で経験する受難をダークなユーモアで描いた1995年の作品『ウェルカム・ドールハウス』のように、はみ出し者と周囲との違いを強調するような方法論にある種則ったものであると言えるかもしれない。

しかし、『ブックスマート』の場合は、身体や性的指向などの定義で差異と共通項にラベルを貼らず、はなからファットフォビアやホモフォビアのような悪質な偏見を方程式から除外する。これは、そのような類が社会から存在するべきではないという声明である。オリヴィア・ワイルド監督にインタビューした際、彼女は特定の者をステレオタイプ化するようなまなざしを取り除く意図があったことを明かした。

「ストーリーに悪役を登場させ続ければ、観客は、どんな物語にも悪人がいると思い込んでしまう。どんな状況でもこの人は自分の悪役なんじゃないかと探す癖を私たちはそもそもなくさないといけないのです」

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ©2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ©2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 2
前へ

作品情報

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』

2020年8月21日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開

監督:オリヴィア・ワイルド
出演:
ケイトリン・デヴァー
ビーニー・フェルドスタイン
ジェシカ・ウィリアムズ
リサ・クドロー
ウィル・フォーテ
ジェイソン・サダイキス
ビリー・ラード
ダイアナ・シルバーズ
モリー・ゴードン
ノア・ガルビン
オースティン・クルート
ヴィクトリア・ルエスガ
エデゥアルド・フランコ
ニコ・ヒラガ
メイソン・グッディング
上映時間:102分
配給:ロングライド

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性