特集 PR

SUPPORTED BY iroha

21世紀の女子解放論 もっともっと、気持ちいい毎日を

2

エリイ
(Chim↑Pom)

3/3

Chim↑Pom内で、男女の考えがぶつかることは?

エリイ(Chim↑Pom)

男性と女性って全然違う生き方だと思う。だからこそ、男性と一緒にやることでより広いものが作れる。

Chim↑Pomのメンバーは、五人が男で、エリイさん一人が女の人じゃないですか。一緒に仕事する中で、女であることを感じたりしますか?

エリイ:やっぱり男性と女性って全然違う生き方だと思うので、目のつけどころの違いはありますよね。だから私は、みんなと違う視点からアイデアや考えを提供できるんじゃないかと思いますね。

具体的にどのように視点が違うと感じますか?

エリイ:女の子のかわいさの基準ですら、男女で話が合わないじゃないですか。男子がかわいいと思う子と、私がかわいいと思う子ではまったく違う。だからこそ、一緒にやることでより広いものが作れるというか。逆に、五人が男子であるということも、私の中では新しい風であって、男性がいるからこそ考えられなかったことを考えたり、できなかったことができるようになったりする。

でも、5:1だと大変なこともあるんじゃないですか?

エリイ: 結成してから10年経っていますからね。Chim↑Pomは、男と女というのを超えて、アートを生み出すという上での組み合わせがいいと思うんですよ。性格も全然違うけど、面白いと思えるレベルは共有できてる気がする。

学校とかだと、絶対に仲よくならない組み合わせってあるじゃないですか。Chim↑Pomの六人ってどうなんですか??

エリイ: 絶対に仲よくならなかったと思う。今でも仲いいのかわからないけど。

例えばですけど、エリイさんがChim↑Pomじゃなくて、全員女子のユニットを組んでいたとしたら?

エリイ: 私はその場でできることを全力でやっていると思うんですよね。アートとして、そのユニットが非常にいいものであれば。

irohaシルエット

今や美大の学生は、7割が女の子です。でも、いわゆる「アーティスト」として活動し続けているのは男性が大半。歪なバランスです。

エリイ: 性別は関係ないんじゃないかな。才能と意志じゃないですか?

女性の「共感の文化」に苦言を申す
「共感って人のためにならない」

エリイ(Chim↑Pom)

irohaシルエット

一般的に女性は、「共感の文化」の中で生きていると思います。「そうだよねえ」って、とりあえず友達が言ったことに共感してみたり。でも、エリイさんはそういうタイプじゃないですよね。

エリイ:共感ってその人のためにならないじゃないですか。本当にいいと思っていればいいけれど、それでも「果たしてそうなのかな?」って提示してあげないと、世の中がよくならない。そうしないと怠惰な精神が蔓延するっていうか。

「共感」より「疑う」ことが大事。

エリイ:そもそも私は、他者との関係なしに人が1人で考えることって大したことないと思っている。それがChim↑Pomをやっている理由でもある。まったく考え方の違うメンバーがいて「あ、そんな考えもあるんだな」っていうのが10年続いた感じですね。一人じゃ絶対にここまで辿り着かなかった。

それはChim↑Pomを結成する前からの考え方ですか?

iroha miniシルエット

エリイ:小学生の時にすごくウザイ女の子がいて、その子と理科の問題の解答について賭けをしたんですよ。私は100%自分の答えが合っていると思っていたんですけど、結果、私が間違ってた。で、そのクソみたいにウザイ子が当たってた。その経験が「私の考えていることがすべてではない」っていう思考に基づいている気がします。その経験もChim↑Pomが生まれた可能性のひとつですね。

アートのためだけに生きている

エリイ(Chim↑Pom)

今後どんな風に生きたいと思いますか?

irohaシルエット

エリイ:アート以外にないんじゃないですか? 私のすべてがアートから発生していて、アート作品を作ることや、アートに関係することのみのために生きている感じがするんですよね。誰かに会ったり、話したり、体験したり、見てみたり、それらすべて「アートに昇華できるかもしれない」という可能性があるからやっていることで、それ以外の目的はない。私、アートの神様に生かされているんですよ。もしもアートの神がいるとしたら、間違いなく私のことを一番愛している。

言い切るのもすごいですけど、あながちそれが外れてない気がします(笑)。

エリイ:その自信はかなりある。

INFORMATION

商品情報

iroha
「女性らしくを、新しく。」をコンセプトにTENGAから登場した、女性用プレジャー・アイテムブランド。女性目線で考えられた機能性とデザインで、女性に寄り添うセルフケアを提供します。

この度、『iroha』と『iroha FIT』がドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する『レッドドット・デザインアワード プロダクトデザイン2015』(Red Dot Award: Product Design 2015)を同時受賞いたしました。

書籍情報

『エリイはいつも気持ち悪い エリイ写真集 produced by Chim↑Pom』

エリイ
『エリイはいつも気持ち悪い エリイ写真集 produced by Chim↑Pom』

2014年5月30日(金)発売
著者・監修・編集:Chim↑Pom
価格:3,024円(税込)
発行:朝日出版社

amazon
PAGE 1 > 2 > 3

21世紀の女子解放論 もっともっと、気持ちいい毎日を 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表