特集 PR

暴力で他者を支配できるのか?『ショックヘッド・ピーター』

暴力で他者を支配できるのか?『ショックヘッド・ピーター』

桂真菜

この世に生まれたら、誰もが共同体の掟を教えこまれる。たとえ納得できなくても、規則を変えるには半端じゃないエネルギーと時間がかかる。とりあえず不満を並べて嘆くより、非道な世間も情けない自分も笑い飛ばしちゃえ! そんな反骨精神で権威や習慣を面白おかしく風刺するブラックユーモアは私達の憂さを晴らしながら、状況を客観視させてくれる。戦後の社会主義体制下で自由を抑圧された東欧の国ハンガリーにも、皮肉を効かせた表現で政府に対抗するアートが育った。そのセンスが光る舞台が、9月に東京芸術劇場で来日公演するジャンク・オペラ『ショックヘッド・ピーター〜よいこのえほん〜』。カラフルで幻想的な装置の中、英国のパンクバンド「タイガー・リリーズ」のマーティン・ジャック作曲の歌に乗って、親に逆らう「わるいこ」が次から次へと死んでいく(!)。このブラックユーモアに彩られた音楽劇は、「よいこ」ってどんな人間? 「しつけ」って一体何? そんなディープな問いを投げかけつつも世代を超えて楽しめる作品だ。怖くて可愛いダークファンタジー作品の招聘を決めたのは東京芸術劇場・芸術監督、野田秀樹。政府の検閲に負けずに活動したハンガリーの演出家による本作は、どんな背景を秘めているのか? 5月末にブダペストのオルケーニ劇場を訪れ、関係者たちに直接お話を伺った。

英国でもっとも権威ある演劇賞を受賞した作品のハンガリー版

2012年9月にリニューアル・オープンする東京芸術劇場の記念演目として、東欧の国ハンガリーの首都ブダペストに拠点を置くオルケーニ劇場で制作されたジャンク・オペラ『ショックヘッド・ピーター(以下SHP)』が招聘される。昨年このニュースを聞いた私は、見に行きたくてたまらなくなった。同作はもともと英国で1998年に舞台化され、ロングラン上演後に世界ツアーを敢行。2002年には英国の演劇賞としてもっとも権威ある『オリヴィエ賞』(最優秀エンターテインメント賞)に輝いている。演出と舞台美術を担当したのは、危険な香りがたちこめるアート系の作風で知られる2人組、ジュリアン・クラウチとフィリム・マクダーモット。音楽はディヴィッド・バーンやクロノス・カルテットとも共演したタイガー・リリーズのマーティン・ジャック。ジャックはアコーディオンを弾きつつ、華やかなファルセットボイスから野太いダミ声まで、多彩な声音を駆使してドラマに陰影を与え、『オリヴィエ賞最優秀助演賞』を獲得している。

photos by Eszter Gordon
photos by Eszter Gordon

2001年に私は英国版『SHP』を香港で観ることが出来たが、ドール・ハウスを連想させるゴシック調の凝った舞台美術に囲まれ、親の言葉に従わない子供たちが悲惨な道をたどる姿に衝撃を受けた。哀れな末路を辿る犠牲者の姿はブラックユーモアたっぷりに誇張されて滑稽だけど、いたいけな子供の受難を笑っていいものか…と戸惑ってしまった。ところが周囲に座る様々な国々の子供たちは、みんなキャッキャと大喜びしているではないか。

photos by Eszter Gordon
photos by Eszter Gordon

原作はドイツの精神分析医が息子のために書いた絵本だった

実はこの作品の原作は、150年以上前にドイツの精神分析医ハインリヒ・ホフマンが自分の息子に贈るために書いた絵本であり、日本でも『もじゃもじゃペーター』『ぼうぼうあたま』などの邦題で出版されて長く読み続けられている。絵本を構成する10のエピソードのほとんどは、悪癖を直さないためにひどい目に合う子供が主人公。とりわけ背筋が凍るエピソードは「親指しゃぶりのコンラッド」。ママが「指をしゃぶっちゃダメ」と叱っても、コンラッドはやめようとしない。すると巨大なはさみを持った仕立て屋がやって来て、指を切り落としてしまう! 子供たちが痛ましい罰を受けるのが当然のごとく、舞台は次のエピソードに移るのだが、これほど残酷な絵本が世界各地で読み継がれているのも、この物語に国柄や文化の違いを超えて、普遍的に人を惹きつける魅力があるからに違いない。

ちなみに上述のシーン、今回東京で上演されるハンガリー版『SHP』では、コンラッド役を赤ちゃんの格好をした女優が演じるため、哀れさ倍増。もっとも指を切って血が噴き出す場面は黒いメルヘンと呼びたい視覚に魅了され? 客席から悲鳴は聞こえなかったが…

photos by Eszter Gordon
photos by Eszter Gordon

顔を白く塗ったノスタルジックな格好の登場人物たちは、ティム・バートン監督映画のキャラクターに似ている。また、子供が不条理に次々と死んでいく話と聞けば、アメリカ発の過激アニメ『サウスパーク』を連想するかもしれない。しかし社会風刺や批判精神が息づくとはいえ、『SHP』には特定の事件や人物に対するあからさまな攻撃はなく、ドタバタ悲喜劇から浮上する共同体や教育への疑いの視線が観客を覚醒させる。ジャンク(がらくた、ポンコツ、くず)をタイトルに冠した英国発の不穏な音楽劇を、戦後40年を共産圏に属したハンガリーの演劇人たちは、何故自分たちの手で上演しようとしたのか? その動機には、表現が政治権力に干渉されることに対するアーティストたちの危機感があった。

Page 1
次へ

イベント情報

東京芸術劇場リニューアル記念 TACT/FESTIVAL 2012
ジャンク・オペラ『ショックヘッド・ピーター〜よいこのえほん〜』

2012年9月1日(土)〜9月9日(日)全10公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場
出演:劇団オルケーニ(ハンガリー)
料金:前売 一般4,000円 こども(高校生以下)1,000円 親子セット券4,500円(高校生以下対象) 65歳以上3,000円 25歳以下2,500円
※ハンガリー語上演、日本語字幕付き

『ひつじ』
2012年9月1日(土)〜9月5日(水)全4公演
出演:劇団コープス(カナダ)
料金:無料
※『ショックヘッド・ピーター〜よいこのえほん〜』開始45分前から上演(約30分)

プロフィール

マーチャイ・パール

劇団オルケーニ芸術監督。1961年生まれ。画家の父のもとで幼少より芸術に親しむ。演劇映画アカデミーを卒業後、俳優として舞台と映画で活躍した後、演出家として古典から現代作家の作品まで手がけ、数多くの賞を受賞。舞台俳優としての代表作はシェイクスピア作『ロメオとジュリエット』のロメオや『リア王』のエドガー。代表的な演出作品にチェーホフ作『かもめ』など。2004年から質の高い演劇で知られる劇団オルケーニを率いて新たな観客を育てながら海外との交流も推進し、ハンガリー演劇を牽引する演劇拠点を築いている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開