特集 PR

『クリエイターのヒミツ基地』Volume34 山口真人(アーティスト・アートディレクター)

そのほとんどがじつはアナログな手作業?
レーザーカッター彫刻のヒミツに迫る

ここからは、「Plastic Painting」シリーズの中でも、最近スタートした「Plastic Relief」作品を例に、山口さんの制作過程を追ってみましょう。「Plastic Relief」は、レーザーカッターでアクリル板に現代アート作品のモチーフを彫刻するという、斬新なデジタル手法がポイントです。

トレース

作業工程1:トレース

まず最初は「Plastic Relief」のモチーフにしたい現代アート作品を決め、液晶ペンタブレット上でトレースします。

山口:「Cintiq 24HD touch」上で、素材をトレースする際は、全て手作業。ツールはIllustratorを使っています。デジタル作業だと、アプリケーションの機能を使って、絵を一気に線画化させることもできますが、それだとどうしても細かいノイズが紛れ込んでしまうんです。線の1本1本まで美しくトレースするためには、絶対に手描きが確実です。

レーザーカッター用のデータに変換

作業工程2:レーザーカッター用のデータに変換

次に、トレースした線画データをレーザーカッター彫刻用のデータに変換します。ここでのポイントは、白黒反転!

山口:僕の作品におけるレーザーカッター彫刻というのは、いわゆる木版画とは逆で、トレースした線の部分を浮き出させるように、線以外の部分を削り取るんです。PC画面上で見て黒い部分をレーザーカッターが彫るので、白黒を反転させたデータを作ります。その際、線の太さ、細さも仕上がりに大きく影響するので、慎重に確かめながらデータ化していきます。

レーザーカッターで彫刻

作業工程3:レーザーカッターで彫刻

作業工程のメインパートは、レーザーカッターによる彫刻です。アクリル板を削ると、かなり多くの細かい粉が飛び散るため、レーザーカッター作業は専用のアトリエで行っているそうです。彫刻が出来上がるまで、50センチメートル四方のアクリル板で約2時間、これから山口さんが挑戦しようとしている2メートル四方の作品だと36時間ほど掛かる計算だそうです。

山口:レーザーカッター彫刻は、試行錯誤の連続でした。アクリル板には、片方の面を削るとそちらの面を内側にして丸まろうとする張力が働きますし、どの程度の深さまで削って線を残せば、光が当たったときに美しく見えるのか? そもそも、人間が削り残した線を線として認識できる最細は何ミリなのか? そんなことの一つひとつを何度もテストし、トライ&エラーを繰り返して決めていきました。けっこう時間がかかりましたね。

水洗い&仕上げ

作業工程4:水洗い&仕上げ

工程のラストは仕上げです。レーザーカッターで削られたアクリルの粉末を水で綺麗に洗い流し、最後に板の裏側に2箇所、釘で支えられるように壁掛け用のくぼみを作って完成です。

山口:細い線が重なるような作品は、小さな隙間にプラスチック粉が入り込みやすいので、丁寧に水洗いします。壁書け用のくぼみは手でアクリル板を削って作るんですが、ちょっとした僕のこだわりがあります。僕にとってはこの「Plastic Relief」は、現代アートという記憶を刻みつけた「現代の石版」。だから、壁と作品の間には隙間を作りたくないんです。なので、くぼみの深さもけっこう試行錯誤しました。

レーザーカッターで彫った作品と聞くと、機械が全てをやってくれるという印象がありますが、実際に山口さんの作業工程を見ると、ほぼ全てが手作業です。一つひとつの工程に、山口さんならではのこだわりと創意工夫が込められた「Plastic Relief」。「現代アート」を刻み込んだこの「現代の石版」は、山口さんのクリエイティビティーを未来に伝えてくれるに違いありません。

PAGE 1 > 2 > 3

「クリエイターのヒミツ基地」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー