イベントを探す?

  • 2015年10月30日(金)〜2016年1月3日(日)

『ヘレン・シャルフベック −魂のまなざし』広島会場

『快復期』1888年 フィンランド国立アテネウム美術館 Ateneum Art Museum, Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen
『快復期』1888年 フィンランド国立アテネウム美術館 Ateneum Art Museum, Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen

1862年にフィンランド・ヘルシンキに生まれたヘレン・シャルフベックは、3歳の時に事故に遭い、生涯にわたって足が不自由になったものの、絵の才能が認められて奨学金を得てパリへ留学。帰国後には母の介護をしながらヘルシンキ近郊の町で絵画制作を続け、様々な新しい技法を試すように多数の自画像を制作した。また、1937年から死去した1946年まで、スウェーデンの様々な街でほぼ毎年個展が開催されていたという。

同展では、フィンランド国立アテネウム美術館のコレクションを中心に、シャルフベックの初期から晩年にいたるまでの作品を展示。展覧会は5つの章から構成され、『快復期』『黒い背景の自画像』『少女の頭部』『諸島から来た女性』などの作品からシャルフベックの画業を辿る。また、展示作品を通して2017年に建国100年を迎えるフィンランドの新たな一面を見出すことができる内容になるという。

『ヘレン・シャルフベック −魂のまなざし』

2015年10月30日(金)~2016年1月3日(日)
会場:広島県 奥田元宋・小由女美術館
時間:9:30~17:00(11月26日と12月25日は21:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:11月11日、12月9日、12月30日、12月31日
料金:一般1,000円 高大生500円 ペアチケット1,800円
※中学生以下無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は観覧料無料

続きを見る
  • 『黒い背景の自画像』1915年 フィンランド国立アテネウム美術館 Herman and Elisabeth Hallonblad Collection, Ateneum Art Museum, Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen
    『黒い背景の自画像』1915年 フィンランド国立アテネウム美術館 Herman and Elisabeth Hallonblad Collection, Ateneum Art Museum, Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い