イベントを探す?

  • 2015年11月14日(土)〜2016年1月17日(日)

『生誕100年 亀倉雄策と「クリエイション」』

『クリエイション』1号表紙 1989年 リクルート発行
『クリエイション』1号表紙 1989年 リクルート発行

亀倉雄策のデザイン哲学にふれる――。亀倉が責任編集をつとめたデザイン誌『クリエイション』の世界。

東京オリンピックのポスターやNTTのマークなど、数々の傑作を手がけた新潟県燕市出身のグラフィックデザイナー亀倉雄策(1915-1997)。一方、日本宣伝美術会や日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の設立に参加するなど、日本のグラフィックデザイン史を最前線で牽引してきました。

彼が晩年のライフワークとしたのが、デザイン誌『クリエイション』の編集です。グラフィックデザイナー、イラストレーターをはじめ様々なアーティストの作品を、亀倉独自の視点で取り上げた『クリエイション』は、創刊号より全20号で終了することを宣言、季刊誌として1989年より5年間にわたってリクルートより発行されました。作家や作品のピックアップから誌面構成に至る行程全てが、亀倉自身の手によって行われ、密度ある緊張感あふれた画面が全号を貫いています。

本展では、『クリエイション』誌上で取り上げられた作家たちの魅力を伝えるとともに、原稿やラフスケッチなどの関連資料も併せて展示し、亀倉のデザイン観や本誌にかける想いを探ります。(新潟県立近代美術館ウェブサイトより)

『生誕100年 亀倉雄策と「クリエイション」』

2015年11月14日(土)~2016年1月17日(日)
会場:新潟県 長岡 新潟県立近代美術館
時間:9:00~17:00(券売は16:30まで)
休館日:12月7日、12月14日、12月21日、12月28日~1月4日、1月12日
料金:一般1,000円 大学・高校・中等教育(後期)800円
※小・中学校・中等教育(前期)の児童・生徒は無料

続きを見る
  • ヘンリク・トマシェフスキー《第13回ワルシャワポスタービエンナーレ》1990年 富山県立近代美術館蔵
    ヘンリク・トマシェフスキー《第13回ワルシャワポスタービエンナーレ》1990年 富山県立近代美術館蔵
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ヒトリエ“青”

ヒトリエのニューアルバム『HOWLS』の収録曲“青”のMVが公開。淡い色彩の中で力強くこだまするバンド演奏と、男女2人の刹那的で美しいシーンが織りなす世界観が、切ない歌詞とリンクしながらさらに加速していくようだ。MV中も印象的に使われている「青」が、楽曲を鮮やかに彩り、余韻を残している。デビュー5周年を迎えたヒトリエを牽引するにふさわしい、儚くも力強いバラード楽曲。(野々村)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る