イベントを探す?

  • 2015年11月21日(土)〜2016年2月14日(日)

笹口悦民写真展『無言の恍惚』

笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi
笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi

このたび彫刻の森美術館では、ドラマチックな表現力で幅広い分野において第一線で活躍する写真家、笹口悦民の世界を紹介する展覧会「笹口悦民写真展 無言の恍惚」を開催いたします。

笹口悦民(1970年北海道生まれ)は、大学在学中に編集部でのアシスタントを経て、その後、写真家の安部英知氏に師事。1995年に写真家として独立。以後、ファッションや広告の分野を中心に活動の場を広げてきました。その一方で、物語性をはらんだ笹口独特の世界観のある作品も発表しています。その硬質でいながらも滑らかな写真表現は、各方面で高く評価されています。

本展では笹口の写真190点と3点の映像作品を〈気配〉〈質量〉〈透明〉〈輪郭〉〈距離〉の5つのカテゴリーに分けて展示します。写真は2点をつなげて1作品として観ていただきます。写真と言葉を同時に観ることで、視覚体験は思考に展開されます。タイトルの「無言の恍惚」は、多くを語らない写真家・笹口からのひそやかなメッセージであり、来館者は、笹口の撮影体験を5つの言葉を通して追体験することができます。会場を巡りながら、写真との対話をお楽しみください。(彫刻の森美術館ウェブサイトより)

笹口悦民写真展『無言の恍惚』

2015年11月21日(土)~2016年2月14日(日)
会場:神奈川県 箱根 彫刻の森美術館
時間:9:00~17:00(入場は閉場の30分前まで)
料金:一般1,600円 大高校生1,200円 中・小学生800円

  • 笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi
    笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi
  • 笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi
    笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi
  • 笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi
    笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi
  • 笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi
    笹口悦民作品 ©Yoshihito Sasaguchi
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い