イベントを探す?

  • 2015年12月26日(土)〜2016年1月15日(金)

『若尾文子映画祭 青春 アンコール上映』

夏に上映致しました『若尾文子映画祭 青春』の大ヒットを記念してアンコール上映を実施致します。

最高の出会いは一度きりではない

銀幕のヒロイン・若尾文子-
増村保造、溝口健二、吉村公三郎…日本を代表する監督のもと、市川雷蔵、勝新太郎、田宮二郎…昭和を代表する伝説の名優たちと共演し、女優として絶えず進化してきました。従来の日本映画の常識を覆す明るく前向きな少女、男性に頼りきっていた人生を見つめなおし、自我に目覚めていく芸者、激しい情念を内に秘める貞淑な妻…イメージの異なる多種多様な“女”を演じました。10代後半のスクリーンデビューから大映が倒産する直前の30代半ばまで、150本以上の映画に出演した約20年という時間は、若尾文子という女優にとっても青春というべき時代であったはずです。

青春はある出会いをきっかけに何かに夢中になり、そしてあっという間に過ぎ去ってしまう、かけがえのない瞬間です。でもそれは決して一度きりではなく、何度でも訪れるものだと思います。「若尾文子映画祭 青春」というタイトルは、お客様にとって、彼女が出演した数多くの珠玉の名作に夢中になる青春の始まりであってほしい、また若尾文子という日本映画を代表する女優がスクリーンに刻んだ青春を思う存分堪能してほしい…そんな思いを込めてつけました。

映画館という空間の中で、素晴らしい映画を見た時に感じる興奮や一体感をお客様同士が世代を超え共有し、そして何よりこの映画祭がお客様にとっての最高の出会いの場となれば幸いです。(角川シネマ新宿ウェブサイトより)

『若尾文子映画祭 青春 アンコール上映』

2015年12月26日(土)~2016年1月15日(金)
会場:東京都 角川シネマ新宿
料金:当日 一般1,600円 大学生・高校生1,300円 シニア1,100円

  • 『青空娘』 ©KADOKAWA 1957
    『青空娘』 ©KADOKAWA 1957
  • 『しとやかな獣』 ©KADOKAWA 1962
    『しとやかな獣』 ©KADOKAWA 1962
  • 『赤い天使』 ©KADOKAWA 1966
    『赤い天使』 ©KADOKAWA 1966
  • 『最高殊勲夫人』 ©KADOKAWA 1959
    『最高殊勲夫人』 ©KADOKAWA 1959
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い