イベントを探す?

  • 2016年1月7日(木)〜2016年3月27日(日)

『キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより』展

カリブの島国キューバが、映画ポスターの国でもあることをご存じでしょうか?

魅力的な音楽やダンスで常に注目を浴びるキューバは、1959年の革命以降、国立の映画芸術産業庁(ICAIC[イカイック])を拠点に次々と先鋭的な映画を送り出してきた「小さな映画大国」でもあります。新ラテンアメリカ映画祭の開催でも知られる首都ハバナは、ラテンアメリカ映画の中心地のひとつとなっています。

そのキューバは、映画の宣伝においても“革命的”な手法を取り入れました。映画ポスターのグラフィックに様々なデザイナーや画家を招き、その製作を大量印刷向きのオフセットではなく手刷りのシルクスクリーン技術で行うという独自性は、一国の映画産業の方針として世界の他のどこにも見られないものです。エドゥアルド・ムニョス・バッチ、レネ・アスクイ・カルデナス、アントニオ・フェルナンデス・レボイロをはじめとする作家たちが、映画作品からの刺激を通じて生み出した豊かな色合いと華やかな表現は、映画に新たな価値を与えるとともに、それ自体が鮮烈な作品となっています。

この展覧会では、フィルムセンターと京都国立近代美術館の共催により、多摩美術大学に寄託されている竹尾ポスターコレクション所蔵作品を中心に、革命期から1990年前後までに制作された85点の映画ポスターを紹介します。キューバ映画はもちろん、盛んに輸入された外国映画のポスターにも焦点を当て、知られざる「映画ポスターの楽園」に皆様を誘います。(東京国立近代美術館フィルムセンターウェブサイトより)

『キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより』展

2016年1月7日(木)~3月27日(日)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター 7階展示室
時間:11:00~18:30(入場は18:00まで)
休室日:月曜
料金:一般210円 大学生・65歳以上70円(要証明書)
※高校生以下無料(要証明書)
※障害者手帳を提示で本人および付添者1名は無料
※同日のフィルムセンターの映画観賞券を提示で割引有り

続きを見る
  • 『ルシア』(1968年/キューバ/ウンベルト・ソラス監督)ポスター:ラウル・マルチネス(1968年)
    『ルシア』(1968年/キューバ/ウンベルト・ソラス監督)ポスター:ラウル・マルチネス(1968年)
  • 『低開発の記憶』(1968年/キューバ/トマス・グティエレス・アレア監督)ポスター:アントニオ・サウラ(1968年)
    『低開発の記憶』(1968年/キューバ/トマス・グティエレス・アレア監督)ポスター:アントニオ・サウラ(1968年)
  • 『テレサの肖像』(1979年/キューバ/パストル・ベガ監督)ポスター:セルバンド・カブレラ・モレノ(1979年)
    『テレサの肖像』(1979年/キューバ/パストル・ベガ監督)ポスター:セルバンド・カブレラ・モレノ(1979年)
  • 『少年』(1969年/日本/大島渚監督)ポスター:レネ・アスクイ・カルデナス(1976年)
    『少年』(1969年/日本/大島渚監督)ポスター:レネ・アスクイ・カルデナス(1976年)
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開